アオリイカの卵の孵化(ハッチアウト)

6月20日に産卵を終えたアオリイカの卵はそまま静かに時を過ごす。

白い透明な袋(卵鞘)に包まれた卵は他の魚に襲われる事なく自らの成長を待つ。

アオリイカのタマゴ

やがて白く綺麗だった卵鞘の表面に茶色い藻のようなものが着きはじめる。

全体が錆色に変わる頃、卵の孵化(ハッチアウト)が始まる。

ハッチアウトは7月10日

その日は毎年7月10日前後。

錆色に変わった卵鞘の中には8~10個ほどの卵が入っている。

水面に透かして見ればイカの形をした赤ちゃんが見える。

卵鞘の中に卵が見える

成熟した卵は波に揺られ、強い刺激があると卵鞘の先端からハッチアウトが始まる。

卵の膜が破れて1匹づつ広い海の世界へ旅立つ。

産まれて直ぐに墨を吐く

産まれたてでも直ぐに墨を吐く。

赤ちゃんは既にイカの形。

両足の間に丸い玉をぶら下げている。

アオリイカの赤ちゃん

 

この玉はしばらくの間の栄養。

水面へ向かって泳ぐ

ハッチアウトした赤ちゃんは全て水面へ向かって泳いでいく。

ピューッ!

ピュー!

と2~3回泳いでは休み、また泳ぎだす。

玉を下げてる赤ちゃん

ハッチアウトが始まる頃、産卵場の上にはネンブツダイが集まってくる。

産まれてすぐ無くなる命

ハッチアウトした赤ちゃんは大抵の場合、水面にたどり着く前にこの魚に食べられてしまう。

折角誕生した命は直ぐに他の魚のエサとして消える。

スケルトンな赤ちゃん

運良く生き延びた赤ちゃんだけが水面に辿り着く。

そして大人になる資格が与えられる。

大人になるまでには何回もこのような外敵から身をかわさなければならない。

ハッチアウトを見るチャンスは10日間

産卵は1ヶ月半ほど続くがハッチアウトは10日ほどで全て終わる。

2か月もすると20cmほどの大きさになり、逆にネンブツダイを襲って食べるようになる。

アオリイカがアイゴの子供を捕食

海の世界は喰うか喰われるか。

海中は野性の世界。

厳しいようだがそれが自然。