レギュレターSET & BCDインフレーターのオーバーホール

ダイビング器材は海水中で使用するため塩害や錆、塩噛みなどにより故障によるトラブルが生じます。

安心してダイビングが楽しめるように1年に1度のメンテナンスをしましょう。

オーバーホールする必要がある器材

1.レギュレターファーストステージ&セカンドステージ
2.オクトパス
3.残圧計
4.インフレーター

オーバーホールの7つの内容(期間14日)

1.一つひとつのパーツにまで分解
2.薬品と超音波洗浄器で洗浄、錆と塩除去
3.磨耗パーツの交換
4.組み立て
5.調整(規定の空気圧力をかけ一定時間圧力が安定するのを確認します)
6.安定(安定した圧力は書類に記入してお渡しします)
7.検査

オーバーホール基本料金(税込)

1.1stステージ & 2ndステージ 8800円
2.オクトパス 5500円
3.インフレーター 3300円
4.残圧計 2200円

 合計 19600円 (Gメンバー割引17600円)

他に交換パーツ代、梱包送料2720円(メンバー割引1360円)が必要です。

※BISM、DACORの急速喚起インフレーターとMARESエアートリム急速喚起インフレーター 10450円

※SAS急速喚起インフレーター 11550円

ダイブコンピューターの修理

ダイブコンピューター 電池交換

取り扱いメーカーと費用(税込)

UWATEC 6600~8800円
SCUBAPRO 6600~8800円
AQUALANG 6600~8800円
TUSA  6600~8800円
APOLLO  6600~8800円
BISM 9900円
SUUNTO 6600~8800円
SAS 6600~8800円
ハーパーアクアランド 6600円

価格は参考価格です。

梱包送料2380円が必要です。

修理期間14日

ダイバーズウォッチ電池交換(税込)

シチスン ハイパーアクアランド 4,400円  ※機種が古いためOリングと電池交換のみ、耐圧検査と保証はできません。

梱包送料2090円が必要です。

修理期間14~28日

その他のメンテナンス

ダイブスーツの修理・バッグの修理・カメラの修理、タンク廃棄についてはコチラ ⇒ クリック