8月の水温

海の水温は8月上旬で24℃それから徐々に上がって下旬には年間最高水温の26℃に達した。

電気クラゲ出現

プランクトンも多く、電気クラゲのひとつアンドンクラゲも現れる。

一匹だけでなく群体で流れに乗ってやってくるので一匹いたら沢山いると思い注意が必要。

いるのは深度5mより浅い水深。

ゴミが浮いて集まっているような場所があれば要注意。

触手に毒の刺胞があり素肌に触れると刺される。

ウエットスーツがあれば大丈夫

ダイバーはウエットスーツに身を包み、ダイビンググローブとダイビングブーツを身につけているので顔以外は刺されない。

目で見えているのでアンドンクラゲが居る時は良ければさけられる。

ダイビンググローブを装着していれば手で払うが出来る。

気をつけていれば大丈夫。

プランクトンも増え透明度はあまり良くないが魚達も食欲旺盛であちらこちらでエサを捜している。

摂餌をするもの、縄張り争いをするもの、繁殖活動をするものなど色々。

ウミウシの仲間はほとんど見られなくなる。

季節回遊魚

南からのお客さん

この時期になると出現するのが南から来るお客さん。

今まで水温が低いために居なかった熱帯性の魚たちが流れてくる。

ほとんどは稚魚、子供ばかり。

卵が浮遊して、または孵化したての仔魚が黒潮に乗ってたどり着く。

水温が低くなる来年の1月にはほとんど死滅してしてしまうので数年前までは死滅回遊魚と言われてた。

トゲチョウチョウウオの赤ちゃん

最近は死滅と言う言葉を避けて季節回遊魚と呼ぶようになった。

クマノミもトゲチョウチョウウオも

このトゲチョウチョウウオの赤ちゃんも季節回遊魚。

クマノミの稚魚やミツボシクロスズメダイの稚魚もこの8月に現れる。

クマノミの産卵

そしてこれから沢山のエサを食べ大きくなる。

冬を越せるかどうかはこの子の体力と運次第。

冬3月の低水温13℃を越冬することは難しい。

どんどん食べて、大きく、強くな~れ。