スノーケリングベストは浮力があるので安全に遊べる 150

スノーケリングベストで安全に遊べる

スノーケリングでも浮力は必要

スノーケリングはとても楽しいスポーツです。

背の立つ波打ち際から背の立たない海へ泳いで行くとき、ドキドキしながら水中の世界を見ていることでしょう。

スノーケリングをするにはマスク、スノーケル、フィンの3点器材があれば慣れた方なら問題なく遊べます。

けれど初心者の人にとっては安全のためにいくつかのポイントを考えておかないといけないことがあります。

安全対策

夏を前に安全対策を十分考えておきましょう。

そのポイントとは浮力と外傷からの保護です。

水着とマスク、スノーケル、フィンの3点器材で水面を散歩するスノーケリングですが背の立てない深さの海で休息したくなったらどうしますか?

水を吸い込んでむせちゃうこともあるかもしれません。

足がつっちゃったらどうしましょうか?

水面で休む

ベテランなら水面で休むポジションを知っていて可能かもしれません。

けれどベテランでも何かのトラブルにあったら浮力のあるブイや浮袋などに掴まれたら楽ですね。

では初心者がスノーケリングをするときにはどのような準備をすればよいのでよしょう?

もし背の立てない場所で疲れて休みたい、むせちゃった、足がつっちゃった。その時どう対応したら良いのでしょうか。

それはスノーケリングベストを着用するか、または浮力のあるウエットスーツを着用することです。

 

スノーケリングベストとは何か。

別名、フローティングベスト、ライフベスト、ライフジャケットとも言われています。

救命胴衣をスノーケリング用に改良したものがスノーケリングベストまたはフローティングベストと呼ばれるものです。

ポリエチレン発泡体などが入ったベスト状のタイプと空気を口で入れる首掛け式のタイプがあります。

浮力は

浮力は救命胴衣で8kg~9kgです。

スノーケリングベストは同じ8kg~9kg位の浮力のもの、やや少なめの4kg~6kgの浮力のものもあります。

泳ぎに自信の無い方は浮力の大きなスノーケリングベストを選ぶようにしましょう。

サイズも色々でMサイズ、Lサイズ、子供用もあります。

購入するなら早めに

スノーケリングベストは欲しい時にはもうメーカーに在庫が無いということが毎年生じています。

購入希望の方は3~4月までに購入をすると良いと思います。

日焼け(サンバーン)

ウエットスーツなら日焼けから体を守ってくれるので心配ありません。

けれどスノーケリングベストは直接紫外線を浴びる部分が多いので日焼けに注意して下さい。

南方の海の紫外線は以上に強いので慣れてない日本人はケロイド(水膨れ)を起こすほど日焼けしてしまうか人がいます。

UVカットのラッシュガードなどを着用して紫外線からも体を保護することを忘れないでください。

次回はスノエーケリングでも役に立つウエットスーツの話をしましょう。

 




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA