夏はスノーケリングそれとも?

夏は海遊び川遊び

今年の夏は海で遊びたい。

川で遊びたい。

気軽にできるスノーケリングやスキンダイビングを始める。

スキンダイビング

スキンダイビングはエアータンクを使用しない。

息を止めて水中に潜ること。

日本語では素潜りと呼ばれる。

マスク・フィン・スノーケルの3点を使用し水面から水中の世界を眺める。

また水中に潜る。

スノーケリングとは

最近スノーケリングという言葉を聞く。

スキンダイビングとスノーケリングは何が違うのか。

スキンダイビングとスノーケリングは同じ マスク・フィン・スノーケルの3点を使用する。

水面に浮いて泳ぎながら水中世界を見て楽しむスノーケリング。

スノーケリングは水中に潜水することを目的としない。

水面で浮いている状態で楽しむ。

スノーケリングでもイルカを見たり、マンタを見たりできるポイントもある。

スキンダイビングは水面だけでなく息を止めて水中に潜る。

マスク・フィン・スノーケルの3点を着けるのは

マスク

マスクを装着するのは水中の景色や魚達を見るため。

目の前に空間をつくることで水中でも像をハッキリ見ることが出来る。

目や鼻に水が入り難くなる。

スノーケル

スノーケルを使えば水面で水中を見ながら呼吸が出来る。

水泳の呼吸のような息継ぎを覚えることもない。

普通に呼吸をすればいいだけ。

フィン

フィンを履けば泳げない人でも泳げる。

水泳の選手のように早く泳げるようになる。

楽に泳げるので安全安心。

ウエットスーツは身を守る

深い場所が怖い人は

足が着かない場所が怖い人は浮力のあるフローティングベストを着用する。

厚さ5mmのウエットスーツも浮力がある。

楽に浮いていられれば安心。

ウエットスーツは浮力がある

なぜウエットスーツが浮くのか。

ウエットスーツはクロロネオプレンゴムから出来ている。

保温性を高めるためにクロロネオプレンゴムの中に独立した気泡が数多く入っている。

ゆえに浮力が有り、柔らかく、弾力性がある。

その結果ウエットスーツを着用すると保温性があるので長い時間遊べる。

ウエットスーツは体を守る

また保温性だけなく、外傷から身を守り、日焼けやクラゲからも体を守る。

結果安全性が増す。

ビギナーの人はベテランのサポートが必要。