スキューバ器材とは

メーカーからスキューバ器材が届いた。

1、レギュレター

レギュレターといわれる高圧空気自動呼吸調整器。

スチールタンク200㎏/㎠の高圧空気を吸いやすいように調整する器械だ。

タンクに取り付けるファーストステージと口に咥えるセカンドステージ、それをつなぐ中圧ホースから出来ている。

新品ピカピカ!

新しいのは良い。

レギュレターは値段で選ばず、色で選ばず、性能で選ぶ。

メンテナンスやアフタケアーも必要。

2、オクトパス

黄色い予備のセカンドステージ。

バディーがエアー切れになったときに空気を分け与えるもの。

使いやすいようにホースが少し長くなっている。

目立つように黄色を選択している。

3、ゲージパネル

残圧計とコンパス。

残圧計はタンクの空気の残量を知る大切なゲージ、車で言えばガソリンメーターと同じ。

タンクの圧力をダイレクトにゲージへ送るためホースも200㎏/㎠に耐えられる特殊なものになっている。

コンパスは水中で方角を知るために使い、ダイバーはこのコンパスを利用して元の場所へ戻ってくる。

4、BCD(浮力調整具)

空気の出し入れが出来る浮きぶくろベスト。

ボタンひとつ押すだけで簡単に空気を入れることができ、違うボタンを押すことで空気を抜くことが出来る。

水面で沢山空気を入れると泳がなくても楽に浮いていられる。

溺れることがない。

潜水するときはすべての空気を抜く。

水中で空気の量を調整すると中層に浮くことができる。

基本機材

この4つの器材がスキューバダイビングで使用する基本器材。

最初から4つの器材がセットされているのではない。

4つともバラバラに梱包され送られてくる。

ダイブセンターでは使い易いように組み立て、調整をしてからユーザーの手に渡す。

ダイビングの講習はこのスキューバ器材の使い方を教わり、練習、慣らしていく。