スキューバ器材の組立て

ファーストステージ

レギュレターとオクトパス、ゲージパネル、BCDの4つの器材が揃ったら、組み立てる。

それぞれ箱から出し袋や余分なラベルを外し、順に並べる。

まずはレギュレターのファーストステージ。

ご覧のように3つのポートがあり、それぞれメクラブタがネジ込まれている。

反対側にも同じく3つのポートがある。

この内、上側にあるHPの刻印があるポートが高圧ホースのゲージパネルをセットする場所。

ファーストステージは上下が逆さまになっても使用上問題ない。

使用しやすい向きを確認する。

メクラブタ

メクラブタは六角レンチという専門用具で外す。

メクラブタの穴に六角レンチをセットし、通常のネジと同じように回す。

時計の進行方向と同じ右に回せばメクラブタはしまり、時計と反対の左へ回せばメクラブタはゆるむ。

六角レンチはホームセンターや工具販売店、東急ハンズなどで入手できる。

インチサイズとセンチサイズがあり、大きさも多々ある。

通常は5mmのサイズが一般的、違うサイズを使用しているメーカーも一部ある。

高圧ホース穴の確認

今回はゲージパネルの高圧ホース、BCDの中圧ホース、オクトパスホースの3本を取り付けるので左側3か所のメクラブタを外す。

ゲージパネルの高圧ホースをセットする上部の穴だけ口径が大きくなっている。

これは他のホースを誤ってセットすることがないようするためだ。

万が一この高圧ポートに高圧ホースでない他の中圧ホースを取り付けると200kg/㎠の圧力に耐えられずホースが破裂してしまう。

そんな失敗をしないで済むようにするための予防策だ。

メーカーによってはこの予防措置のないものもある。

取り付ける順番は特に決まっていない。

取り付けやすいものから取り付ける。

ホースの取り付け

ホースの取り付けはモンキーレンチか150~200mmのモンキースパナを使用する。

メインセカンドステージ

メインの自分が呼吸するセカンドステージのホースは右側から出るようにセットする。

オクトパスホース

黄色いオクトパスは好みで右側でも、左側でもセットできる。

今回は楽に相手が使える向き、左側へ取り付けた。

BCD中圧ホース

その前側の穴にはBCDの中圧ホースをセット。

ゲージパネルの高圧ホース

上の開いてる部分にはゲージパネルの高圧ホースをセットする。

これでセットOK。

この後は実際にスキューバタンクに取り付けてエアーを通して、確認する。

各4つ、それぞれの器材が正常に動作していることを確認してユーザーの手に渡される。

スキューバ器材を入手するときの注意

ユーザーが購入する場合、お金だけ払って器材を受け取って帰らないようにしたい。

必ずその場で器材のセット方法の説明を受け、実際にスキューバタンクにセットさせてもらう。

そして器材に異常がないか確かめてから受け取る。

スキューバ器材は入手後も調整が必要だったり、定期的メンテナンスが必要になる。

入手先は信頼のおける店が必要。