与那国の2日目

与那国の朝は遅い

朝起きると外はまだ暗い。

宿の朝食がam07:10。

朝食時間なのに外は真暗の闇。

与那国島の日ノ出

今日2017年1月26日の日ノ出時刻は、ここ与那国では午前7時32分と東京都比べると遅い。

東京の日の出時刻が午前6時45分。

47分も日の出が遅い。

太陽が寝坊している。

さすが日本最西端の島、与那国。

日の入り時刻は

日の入り時刻は午後6時29分、東京の日の入り時刻は午後5時02分。

日の出の遅い分、日の入りも1時間27分遅い。

朝寝坊した分、太陽も残業をしてから眠る。

東京に比べ日の暮れが遅いのでちょっと特した気分。

夏のような体感時計。

準備開始

冬でもウエットスーツが普通

午前8時10分、ダイビング準備開始。

ウエットスーツの着替えを済ませ、カメラとダイビング器材を車に積み込む。

午前8時30分出発。

ボートのある久部良港に向かう。

北風が強い

今日の空は曇り、気温は現在16℃。

昼には晴れ、20℃になる予報。

風は北風が強い、風速10~12m。

夕方には止むという。

昨日の雨よりは良い。

それでもやや寒い。

東京から比べれば十分暖かい。

2日かいるだけで慣れてしまった。

久部良の非難港

出港する港は久部良の非難港。

大きな久部良本港の隣にある小さな港、大型船は入れない。

山影にあり北風が強くても安全に停泊できる。

外国人のゲストが多い与那国

与那国島のダイビングゲスト

毎年与那国島へ来て関心することは外国人のゲストが多いこと。

今回もアメリカやドイツ、中国から8人、日本人は4名だけ。

日本なのに日本人が少ない。

他のリゾートでも外国人にも逢うがそんなに多くない。

与那国だけは毎年他国の人と一緒に潜ることが出来るので雰囲気が違う。

別に英語でペラペラとコミニケーションできるわけではない。

雰囲気が半分外国にいるようで楽しく感じる。

外国人が多いわけ

外国人が多い理由は与那国島と台湾が100kmと近いこと。

それと沖縄の米軍関係者が余暇を楽しむために来島する。

目的は与那国の海底遺跡と冬場に集まる大きなハンマーヘッドシャークの群れ。

その他にも与那国の魅力は海の透明度の良さ、冬でも暖かい黒潮の高さ、魚の多さ、素朴さ。

何よりも島人の親切と心の暖かさ、雰囲気が旅人を癒してくれる。

次につづく