コーラ

コーラにはまる

最近はまっている。

といっても毎日の習慣になっている訳ではない。

遠出をした帰りの運転では準備したくなるコーラ。

以前は苦手

もともと炭酸類が苦手だった。

サイダーもダメ、コーラなんかとんでもない。

それが今ではビールを美味しく飲める年になった。

さすがに車を運転するのにビールは飲めない。

運転にはコーラ

これからだんだん暑くなる。

喉の渇きにコーラが合う。

けれどペットボトルのコーラをそのまま飲んでもあまり美味しいとは思わない。

美味いコーラ

コーラと氷

コーラと一緒に準備するのはコンビニで売っている水割り用の氷。

板氷やキューブアイスと一緒の棚に並んでいる。

アイスコーヒー用の氷ではないので100円と安く、容器はやや大きめ。

水割りを作るのにちょうど良いサイズの氷が入っている。

泡だらけ

蓋を開けコーラを入れる、この時気をつけなければいけない。

コーラを入れた数秒後に大量の泡で溢れてしまう。

なんでこんなに泡が出るのかというぐらい泡が出る。

ゆえに最初コーラを入れるときは容器の3分の1ほど、それで口切いっぱいまで泡が上がってくる。

全体に泡が広がれば2回目にコーラを入れたときは特別な泡はでない。

なぜか最初の1回目だけ異常に泡が出る。

特別な泡

これがコーラが美味くなる理由なのか?は解らない。

特別な泡が出る理由は氷の表面に付着した霜に炭酸が反応したことによる。

氷の表面の霜が解ければ異常な泡はでない。

それでも4回ぐらいに分けて注ぐ。

とっても美味い

ペットボトルのコーラを氷に入れただけなのに圧倒的に飲みやすくなる。

何が違うかというと、のど越しが気持ち良い。

泡が細かく多くなる気がする

その細かい泡がのどを流れ落ちる。

少し痛いような?さっぱりすような?

これがなんともたまらない。

まるで最初1口目のビールを飲んだように。

続けて何倍も飲んでしまう。

途中でコーラは無くなり、トイレの心配をするようになる。