日本にいるアオリイカは3種類

アオリイカの産卵

初夏、アオリイカの産卵がシーズンを迎える。

ホンダワラやカジメなどの海藻に産卵をする。

人間が人工的に木を海底に沈めた産卵床にも産卵する。

日本には3種類のアオリイカが生息している。

区別されず全てアオリイカとして市場に出回る。

シロイカ型アオリイカ
シロイカ型アオリイカ

シロイカ型アオリイカ

関東近辺でよく見られているアオリイカはシロイカ型アオリイカ。

日本本土に広く分布しオスは3kg、メスは1.5kgに育つ。

色は白っぽく、イカの中の王様と呼ばれ、高価で取引される。

1kgあたり3,000円~4,000円の値段。

水揚げ量も少ない。

一般的な魚屋の店頭に並ぶことは少ない。

主に高級料亭や寿司屋で使われる。

アカイカ型アオリイカ

アカイカ型アオリイカは四国徳島より南、鹿児島、五島列島、沖縄、小笠原、八丈島に生息する南方系のアオリイカ。

アカイカ型アオリイカは名前のように赤い色をしている。

シロイカ型アオリイカよりも大型になり2倍の5~6kgの大きさに育つ。

大型なのに肉は薄く、やや細身。

産卵場はシロイカ型アオリイカよりも深い、深度20~100mで産卵。

クアイカ型アオリイカ

クアイカ型アオリイカ沖縄方面に生息する小型のアオリイカ。

大きさは100gほどにしかならず、浅いサンゴ礁域に生息。

産卵も浅いサンゴや岩の隙間。

白っぽいクアイカ型アオリイカもいる。

黒く緑の斑点模様のクアイカ型アオリイカもいる。

シロイカ型アオリイカ02
シロイカ型アオリイカ02

3種類のアオリイカの大きな違い

生息する地域

シロイカ型アオリイカは日本本土全域。

アカイカ型アオリイカは南方系。

クアイカ型アオリイカは沖縄、熱帯地方。

生息する深度

シロイカ型アオリイカは2~40m。

アカイカ型アオリイカは10~100m。

クアイカ型アオリイカは2~15m。

体の大きさ

シロイカ型アオリイカは3kgまで育つ、大きい。

アカイカ型アオリイカは6kgまで育つ、特大。

クアイカ型アオリイカは100gまで育つ、小さめ。

体色

シロイカ型アオリイカは白っぽい。

アカイカ型アオリイカは赤っぽい。

クアイカ型アオリイカは白もしくは黒。