昔のスキューバダイビングコースはリスクがいっぱい

昔のスキューバダイビングコースは泳ぐことが大事

講習内容はインストラクター任せ

昔のスキューバダイビング講習はインストラクターによって内容が様々。

BCD(浮力調整装置)は一部で存在したが使用しない。

BCDは初心者コースの必須器材ではなかった。

BCD(浮力調整具)はない、いつでも泳ぐ

BCDがないダイビングではひたすら泳ぐことが大事。

水面では沈まないように泳ぐ。

泳いでいる方が沈みにくい。

今の時代BCDは必須器材

今の初心者コースはBCDの着用は必須。

必ず装着する。

BCDに空気を入れれば楽に浮いて休むことができる。

泳ぐ時も少しの空気をBCDに入れておけば沈まない。

頑張って泳ぐ必要もない。

昔は泳ぎに自信のない人はダイビングをしない時代だった。

潜降はジャックナイフ

BCDを使わないダイビングのウエイト量はやや軽めに調整する。

潜降はスキンダイビングと同じ。

勢いをつけて頭からヘッドファースト潜降

水底に着いたら泳ぐか、岩につかまるか。

現在のような浮力をコントロールはない。

BCDなくしては中性浮力のコントロールはできない。

昔のダイビング講習
1960年頃

色々な安全器材が無い

現在常備している安全器材がない

タンクをレギュレターに取り付けて潜る。

残圧計もない。

コンパスもなし、水深計もなし、時計もなし、ダイブコンピューターも当然なし、オクトパスもなし、ダイブテーブルもなし。

危険がいっぱい

かなり危ないダイバーがの出来上がり。

全て感覚。

深度は水面を見ながら目測、もちろん深いところへは行かない。

潜水時間もわからないので潜りすぎないように適当に潜る。

潜水計画のようなブリーフィングもない。

現在は残圧計、オクトパス、水深計、時計、ダイブコンピューター、コンパスは必要器材。

タンクの空気も少ない

現在は日本でも海外でも、どこへ行ってもスキューバタンク(シリンダー)で使用しているのは空気を200気圧充填できるタンク。

昔は今より50気圧少ない150気圧タンクが普通。

150気圧ピッタリ入っていることは珍しく、満充填で130~140気圧のタンクを使用。

今と比べて60~70気圧も少ないので、当然、深度も潜水時間も短く、ダイビングを終了する。

その分だけ潜水病になり難かった。

今考えればかなり危ないダイビング。