スキンダイビング(素潜り)の潜降の仕方

潜降の仕方ヘッドファースト潜降2種類

基本はヘッドファースト潜降

スキンダイビングは息を吸ったあとに息を止めて潜る。

息を吸った分だけ浮力があり潜降しづらい。

そのぶん勢いをつけて潜降する。

基本的には頭から潜っていく、ヘッドファースト潜降。

スキンダイビングの潜降の仕方を3種類。

A、ジャックナイフと言われるヘッドファースト潜降

ジャックナイフ

水面で休息の姿勢から始める。

最初は水面で水平の姿勢で浮く。

腰から上半身だけを水底に向け、両手を伸ばす。

腰を90℃曲げ上半身だけ水中に潜る状態。

下半身は水面に浮いたまま。

次に両足を揃えて上げる、逆立ちをするイメージ。

勢いをつけて両足を上げる。

真っすぐ上にあがることで足の重さで沈む。

両手は一度だけ平泳ぎのように水をかく。

その後は抵抗にならないように手は体側に着けておく。

フィンの先まで沈んだらフィンを大きくかく。

浅いところでは頭を水底にぶつけないように気をつける。

B、足曲げ潜降(ジャックナイフと似ている)

Aのジャックナイフと似ている。

違うのは両足を上に上げやすいよう最初にヒザを曲げて抱えこむ。

そのあと上へ足を伸ばす。

どうしてもジャックナイフが上手に出来ない人むき。

ジャックナイフの方がカッコ良いのであまり知られない。

海女さんの潜り方はこのスタイルが多い。

潜降の仕方フィートファースト潜降

C、スタンディングからの潜降

この方法は背の立たない深い場所で練習する。

潜降には8つのステップがある。

スタンディングからの潜降

①でまず水面に立って浮いた状態で呼吸を整える。

②両手は左右、両足は前後に大きく開く。

③両足を勢いよく素早く閉じ、上半身が持ち上がる瞬間に両手も水面を叩くように水をかく。

上半身が上がったら、抵抗を少なくするため足を閉じ、手は体側に着けたまま息を吸って止める。

持ち上がった上半身の重さで沈む。

④足はフィン先を合わせ水底へ刺すようにする。

顔まで沈んだら両手で水を持ち上げるように水をかいて沈む。

⑤水中に沈んで潜降の勢いが止まったら前転をして回転する。

⑥頭を下にしたら両手両足を伸ばす。

⑦手はひとかきだけする。

その後は体側に着け、手は使用しない。

⑧足だけでフィンをかいて潜降する。

耳抜き

潜降すると耳に圧力がかかる。

耳が痛い時は深くは潜らない。

無理に潜ると耳を痛める。

痛くない深度で潜るのは大丈夫。

耳抜きを覚えれば耳を傷めずさらに深く潜れる。

次は耳が痛くないように圧力の影響と対応の仕方を覚える。