スキンダイビング潜降直前のテクニック

水面を泳ぐのに慣れ、マスク、スノーケルクリア、フィンにも慣れた。

背の立たない深い場所でも恐怖感が少なくなる。

まずは背のギリギリ立てる浅いところで練習。

息を長く止めていると苦しくなるのは二酸化炭素が大きく影響し、肉体を使うことでも、脳を使うことでも二酸化炭素が増える

動きを止め、落ち着く

最初は水面で休んで動きを止める。

気持ちを落ち着かせる。

この時の姿勢はもちろん楽に休める休息の姿勢

体の中の二酸化炭素をできるだけ減らすために動きを止め休む。

また脳が酸素を使わないように気持ちを落ち着かせる。

潜降のイメージトレーニングができたら何も考えない。

息を止める直前の呼吸

大きくゆっくりした呼吸。

深呼吸をさらに大きくゆっくりしたような呼吸を数回行う。

気持ちを落ち着かせる。

大きく吸うだけではなく、吐くときもできるだけ沢山吐く。

肺の中の二酸化炭素を新鮮な空気と交換する。

この大きな新鮮な空気の換気呼吸は数回だけ。

10回など数多くしてはいけない。

息を長く止めても苦しくなくなり、最後水面に戻る前に失神してしまう。

気持ちを落ち着かせるため数回の大きなゆっくりした換気呼吸は有効。

息を止めて潜降

次に大きく息を吸って、息を止めて潜降。

潜降中は息を止めている。

スキンダイビングのことを日本語では「素潜り」「息こらえ潜水」。

潜降中は少しづつ息を吐いた方が長続きするという間違いな話もある。

吐いた息の中にも酸素は残っている。

息は止めていた方が酸素を多く使用できる。

息を吐くのは素面に到着してから。

または水面に到着する直前。

スキンダイビンの呼吸は水中に潜っている間は息を止め続ける。

水面に戻り呼吸ができるようになったら息を吐く。

次のステップは潜降の仕方。⇒クリック