水に入る前に器材の装着に慣れる

器材に慣れる

スキンダイビングの練習をするにはマスク、スノーケル、フィンの3点器材が必要、そして装着に慣れる必要がある。

陸上でも装着の練習はできるので何回も実施する。

慣れれば早く的確な位置に装着できるようになる。

実際にプールや海へ行く前に器材へのストレスを減らす。

ストレスを軽減することは脳の働きを押え、息を止める時間を長くする。

その理由はこちらで説明⇒クリック

スノーケルの使い方を覚える

初めてスノーケルを使う人はスノーケルの使い方から覚える。

風呂場など水を使える場所で練習。

マスクとスノーケルを装着する。

水面でのスノーケル呼吸

水に顔をつけてスノーケルで呼吸をする。

ゆっくりとリラックス。

楽に呼吸が出来るようになれば第1ステップ合格。

スノーケルクリアを覚える

スノーケルに水を入れる

第2ステップはスノーケルクリアーの練習。

息を大きく吸う。

顔を水に着けたままスノーケルを口から外す。

スノーケルに水が入ったら再びスノーケルをくわえる。

くわえて思い切り吐く

思い切り一瞬で口から息を吐く。

勢いが良ければスノーケル内の水が全て飛んでいく。

息の吐き方がゆるいと水はあまり排出されない。

一瞬で勢いよく息を吐くのがコツ。

吸うときは用心深く

クリアした後の最初の呼吸は用心深く吸う。

残ってるかもしれない水を吸い込まないようにするため。

熱いコーヒーをすするようにゆっくり息を吸う。

何度も練習

簡単にスノーケルクリアが出来るようになったら第2ステップ合格。

スノーケルクリアができればストレスも軽減する。

息を止める時間の延長につながる。

水面で休む姿勢をマスター

プールや穏やかな海で練習

まずは休むことを覚える。

マスク、スノーケル、フィンの3点器材を装着。

いつまでも休める楽な姿勢を覚える。

楽に休む姿勢はうつぶせ大の字

スキンダイビングで一番楽な休息のポジションはうつ伏せの状態。

足と手をやや広げ全身の力を抜いて浮く。

全身の力が抜けないとバランスが悪く沈み気味になる。

全身の力が抜けると楽に浮く。

顔はやや前を見る。

真下を見すぎるとスノーケルの先端から水が入る。

休息のポジションに慣れる。

水面で立つ姿勢は疲れる

水面で立つ姿勢は沈みやすい。

体が沈むので反射的に立ち泳ぎをする。

やがて疲れてしまう。

うつ伏せで楽に浮いていられことを覚えれば疲れるずにすむ。

溺れることもない。

楽に呼吸もできる。

スキンダイビングをするときには必ず休息のポジションを覚える。

バタ足をすればスノーケリング。

疲れたらまた足をとめ休息のポジションで休む。

次はスキンダイビングの浮力調整⇒クリック