浮力の確認

スキンダイビングをするとき、浮力調整はどのようにするべきか。

水着だけのとき

水着だけでスキンダイビングをするなら浮力の調整はいらない。

丁度良い浮力になっている。

水面で立った姿勢になり、手足を一切動かさず呼吸をしていると水面が目の位置にくる。

この状態を中性浮力と呼ぶ。

水着だけでスキンダイビングを実施する場合は丁度良い浮力になっている。

太りぎみの人は常人より浮力がある。

ウエットスーツは浮く

ウエットスーツを着用した場合はどうなるのか。

スキューバダイバーやサーファーは保温のためにウエットスーツを着用する。

ウエットスーツには浮力がある。

ウエットスーツの生地に保温効果があがるように独立した気泡が入っている。

とても良く浮く。

ウエットスーツを着用したときの浮力調整

鉛玉で浮力を相殺

鉛玉

水面で立つと水面が首の位置にくるほど浮力がある。

鉛玉で浮力を相殺する。

水面が目の位置になるように錘を着けて調整する。

ウエイトベルト

ウエイトベルト

この浮力を調整する錘がウエイトベルト。

ウエイトベルトはナイロンの丈夫な5cm幅のベルト。

簡単に装着できトラブルがあったときに直ぐに捨てられる。

ワンタッチで外れるクイックリリースバックルを使用している。

クイックリリースバックル

このウエイトベルトに1kg単位になった鉛の玉を必要なだけベルトに通して使用する。

ウエイト量の調整

ウエイト量は体の大きさとウエットスーツのタイプで変わる。

目安として5mmのワンピースのウエットスーツで自分の体重の10分の1から1kgマイナスした量。

端数は四捨五入。

例えば50kgの体重の人は4kgのウエイト量、54kgの人も4kgのウエイト量、55kgの人は5kgのウエイト量が目安となる。

ウエイト量はできるだけ左右均等、やや前側になるようにウエイトの位置を合わせる。

実際に背の立たない水深で水面が目の位置にくるよう多少の調整をする必要がある。

スキンダイビングの場合は適正中性浮力より1kgウエイトを少なめにした方が楽。

ウエイトベルト

プールと海では違う

またプールで練習して海へ行く場合にはウエイト量を増やす必要がある。

これは淡水と海水の比重の違い。

海水の方が浮きやすい。

淡水プールで調整したウエイト量に1~2kg足す。