まゆ毛のあるコケギンポ

潜り納め

今年最後のダイビング、神奈川県小田原市の江之浦で潜ってきた。

年末とあって人は少ない、到着した時点でダイバーはまだゼロ。

一番乗りのダイビング、今年の締めに相応しい。

堤防の先端は沢山の太公望たちが竿を垂らしている。

水温18℃、まだまだ暖かい、陸上よりも水中の方が暖かい。

透明度15m、海が青い、きれいだ。

今年の度重なる台風で海岸も海底もずいぶん形が変わってしまった。

コケギンポ団地

コケギンポが棲んでいる穴だらけの岩もゴロタ石に囲まれた。

現在この岩には3匹のコケギンポが棲んでいる。

一部の人間はこの深度6mの海底にある岩をコケギンポ団地と呼ぶ。

コケギンポ
コケギンポ

一般にはコケギンポは知られたていない。

コケギンポとは

釣りで釣られることも無く大きさ7cmほどの細長い魚。

いつもは写真のように穴の中に棲み、顔だけを出し、食べられる物が流れてくるのを待っている。

敵に襲われた時には穴の奥に引っ込んでしまう。

敵がいなくなるとまた顔を出す。

たまらない愛嬌のある顔

この丸々したつぶらな瞳。

分厚い唇がたまらない。

魚なのでまぶたは無い。

コケギンポ

まゆ毛のある魚

けれど不思議なことにまゆ毛がある、おまけに鼻毛まで生えている。

顔全体にスパンコール散りばめたような白い点。

肌の色は黒い焦げ茶。

コケギンポを知らなければ保護色でまったくわからない。

ほとんどのダイバーは見過ごしていく。

写真はストロボの光で写し出しているのでコケギンポの表情がよくわかる。

皮弁

魚でまゆ毛を持つ魚は珍しい。

他にはイソギンポ、アライソコケギンポ、トウシマコケギンポなどギンポの仲間だけ。

実はこのまゆ毛も鼻毛も本当の毛ではない。

体の皮膚が変化したもので皮弁と呼ばれる。

コケギンポ
チビ

子供はまゆ毛も小さい

小さいうちはコケギンポのまゆ毛も小さい。

年を追うごとにまゆ毛も鼻毛も立派になってくる。

チーママのまゆ毛のよう。

コケギンポの寿命

コケギンポのP太郎

過去にP太郎と名前をつけたコケギンポが別の岩にいた。

コケギンポは背ビレに緑の斑点がひとつある。

P太郎は斑点が二つあるので別のコケギンポと区別が出来た。

毎回いたP太郎

毎回潜るたびに必ず顔を見にいった。

同じ穴にP太郎がいると何か安心だった。

ときたま留守をすることもあったけれど次には必ず戻っていた。

コケギンポ
何か咥えてる

4年

4年ほどしたある日、P太郎の穴が空き家になった。

その後戻ってくることは無く、今年その岩も台風でひっくり返ってしまった。

P太郎は旅の途中に誰かに襲われたか?

それとも寿命だったのか?は解らない。

けれど小さなコケギンポが4年も生きられることを初めて知った。