久しぶりの大雨

東京は大雨

朝から東京は大雨。

羽田は多くの人で賑わっていた。

5月の平日ということで空いていると思ったが修学旅行とかで沖縄へ行く人達もいて思ったより飛行機はいっぱい。風も強いし、雨も大降り、今日のフライトは揺れそうだ。

揺れる離陸

厚い雲の中を抜けるまではしかたない。

雲の上のまで出れば安定するだろう。

機内シートに着くとまもなく安心したのか睡魔がやってきた。

寝てる間に離陸の揺れる時間は過ぎていった。

空弁玉手箱

今日の差し入れ

ありがたくその包を解くとマイセンの弁当箱。

竹皮包み、印刷が雰囲気が凝っている。

玉手箱?どんなお宝が出てくるのか?

飲み物は機内サービスのコンソメスープ。

そして蓋を開ける。

助六寿司と筑前煮、それにMAISENのカツサンドとブドウのデザートつき。

玉手箱のメニューは3品。

空弁玉手箱筑前煮

空弁玉手箱筑前煮から手をつけてみる。

タケノコの程よい硬さが歯ごたえに良く、カツオのが香りが鼻ににけていく。

対してニンジンは柔く、甘さを強調。

シイタケの大きさに感心、とても小さくシメジぐらい、味わう前に口の中を通り過ぎていった。

コウヤドウフは味の染みいったジューシーな1品。

空弁玉手箱助六

歌舞伎を思い出す助六寿司。

かんぴょう巻きといなり寿司のコンビ。

ガリのおまけがついているのが嬉しい。

昔はこれだけで贅沢な弁当だったが現代人にはもの足りない。

空弁玉手箱MAISENのカツサンド

そして主役であり花形の空弁玉手箱MAISENのカツサンド。

食パンの耳を切り、トンカツだけを挟んだ贅沢なカツサンド。

味付けはソースのみ、けれど辛すぎず、香りも良く、軽く甘いこのソースがカツにぴったり。

カツもパンもベチョベチョにならないぎりぎりの量を調整している。

3切れのカツサンドは1枚のカツを3等分して作られている。

最後にはブドウのデザートまで、甘い汁が口の中に広がり今までの味の世界を変える。

このMAISENの弁当は羽田空港では販売していない。

新宿のデパートでわざわざ準備してくれた。