釣船のみよし

みよしとは何処

みよしと言えば、三善英史、三好鉄生、出てくる名前はどちらも古い。

捜しているのは人の名前ではない。

釣船に乗るとみよしが好きだという人がいる。

みよし席

釣船でみよしとは釣り座の一番船首よりの席をいう。

なぜ、みよしと言うのか?

波良しでみよしか?

美良しでみよしか?

勝手な想像をめぐらしてみる。

どうもピッタリそうなものは見つからない。

みよしは水押し

みよしとは構造パーツの名前

みよしとは木造船の構造パーツ部の名前

船の船首の中心にあり、首の骨に該当する部分。

船首から船尾に向かって船の中心となる1本の木を竜骨またはキールと呼び、その船主部分を水押という。

ちょうど水押の部分で左右に水を分けて進む。

 

水押しがみよし

この水押みおしまたはみよしと読む。

みよしとはもともとはこの水を左右に分ける竜骨部分。

船首の一番先にあるので船首の部分を漁師はみよしと呼ぶ。

みよしは舳先、船首

みよしとは実は釣り座のことではない、船の一番先端の部分。

他の言葉では舳先(へさき)、船首、英語ではバウ(Bow)

舳先(へさき)の舳(じく)の一字でみよし(舳)とも読む。

ちなみに船尾はともという。

漢字では艫(とも)と書く、英語ではスターン(stern)