福浦は真鶴のふもと

真鶴半島の付根

今日は神奈川県足柄下郡湯河原町福浦でダイビング。

ここは伊豆の入り口、神奈川県と静岡県の県境に位置。

真鶴半島のふもとで静岡県側、福浦の港をさらに奥に入った入江。

昔はダイビングサービスもシャワーもなく、公衆トイレだけがあった。

ダイバーが勝手にタンクを持参して潜っていた場所。

現在の福浦

現在はこのポイントを管理する福浦ダイビングサービスがある。

温水シャワー、器材洗い場、更衣室、タンクのレンタルなどができる場所。

駐車場から海へ向かって短い階段を降り、コンクリートのスロープを下るとエントリーポイント。

エントリー口からロープが張られ水中へとガイドロープが続く。

ロープ沿いに移動すればナビゲーションも比較的簡単なポイント。

遠浅の海

岸から200mほど移動した場所にはサンゴイソギンチャクの群生地があり天然記念物に指定されている。

遠浅の海で沖へ出ても12m。

ダイバーにとってはエアーも残るポイントなので初心者の講習などによく使われる。

水底の地形は岸近くは大きな岩がゴロゴロしている。

沖へ進むに従って石は小さくなり深度6~7mで砂地になる。

本日の福浦

水温は24~25℃

本日の水温は24~25℃。

夏到来、魚達も元気にエサを捜し泳ぎ回る。

恋の相手を誘ったり、ラブラブ中のカップルも数多く見かけた。

今日からウエットスーツで潜る

今日からウエットスーツデビュー。

エントリー早々、深度3mの浅い岩の隙間に20cmにもならないクエの子供がいるのにはちょっと驚き!

クエの子供
クエの子供

今までで最小のクエ発見。

その後、深度4mで1.2kg位のヒラメに遭遇。

ラブラブ中のネンブツダイやクロホシイシモチを狙っていた。

泳ぐキイロウミコチョウ

珍しいキイロウミコチョウの泳ぐ姿を見た。

写真と動画は撮れず。

長い時間は泳いでくれない。

小さいのでフォーカスが難しい。

浅い岩場は魚がいっぱい

沖の砂地に出ると魚はやや少なめ。

浅い岩場の方が沢山の魚がいる。

エサや隠れ家が多い岩場が魚には人気。

深度10mのアオリイカ産卵床

深度10mの砂地にはアオリイカ産卵床がある。

卵からはハッチアウトする大勢の赤ん坊。

栄養玉を抱えて水面へ泳ぎ上がる。 ⇐ 詳しくはクリック

ここでもネンブツダイの群れが中層で待ち構えている。

ソラスズメダイも巣作りに専念。

青い体を黒く染め砂を掘ってはメスを誘う。

福浦の海も夏。