江之浦のアオリイカ孵化

新聞に載るほど有名アオリイカ

昨日、アオリイカの卵から赤ちゃんイカが飛び出すハッチアウト(孵化)が始まったというので小田原の江之浦へ行ってきた。

5~6月に産卵したアオリイカ。

今日の小田原箱根経済新聞「小田原・ 江之浦でアオリイカのハッチアウトがかわいすぎる」という見出しの記事。

アオリイカの赤ちゃん01
アオリイカの赤ちゃん01

水温が21℃に達したため今年はハッチアウトの時期が例年に比べて早い。

ハッチアウトはまだ少なめでピークを迎えるのは今週末から来週のよう。

産卵床は深度14メートル

アオリイカ 奥に見える白い物が卵のかたまり
アオリイカ 奥に見える白い物が卵のかたまり

2カ所ある産卵床でかなりの数の卵が産みつけられている。

卵が多すぎるのか?

深度14メートルの産卵場から手前のカジメ畑に産卵場を変えていた。

今日も14匹ぐらいのアオリイカが産卵のために集まっていた。

今年のアオリイカはまだやる気満々。

産卵後

アオリイカは?

産卵が終わればこの親アオリイカの一生は終わってしまう。

けれど弱った姿も死んだアオリイカも見たことはない。

何処で最後を全うするのか。

すぐに魚のエサになってしまうのか。

卵は変色

新しい命は日にちが経つにつれ、真っ白から茶色に変化していく。

アオリイカ 少し色が変わってきた卵
アオリイカ 少し色が変わってきた卵

今は新しい白い卵もあれば茶色い孵化の準備が出来た卵もある。

適度に波にゆられ子供たちに酸素が行き届く。

産卵床から落ちた卵鞘が所々に。

落ちていたひとつの卵鞘を覗いてみる。

卵の中に子供

アオリイカ 卵の中の赤ちゃん イカの形
アオリイカ 卵の中の赤ちゃん イカの形

この卵鞘には卵が4つ。

よく見るとイカの形をした赤ちゃん。

アオリイカは産まれる瞬間からイカの形。

そしてときおり動く。

中層にはハッチアウトをした赤ちゃんを食べるためネンブツダイが群れる。

アオリイカの赤ちゃん03
アオリイカの赤ちゃん お弁当の栄養玉を抱えている

水面が安全

産まれたばかりの赤ちゃんは上へ上へと泳いで行く。

アオリイカの赤ちゃんにとって水面が一番外敵の少ない安全な場所。

エサのプランクトンも多い。

アオリイカの赤ちゃんは表層近くで育つ。