夜は御馳走が待っている

三浦半島から真鶴半島へ

タイドプールの観察を無事に終え今日の宿泊先である真鶴へ移動。

三浦縦貫道を通り衣笠から横浜横須賀道路へ入り横浜インターから東名高速道路へ入る。

厚木インターから小田原厚木道路に入って小田原西で下りる。

ういろう屋で宿のおばちゃんへのお土産の和菓子を入手。

真鶴の宿へ向かう。

猫のお出迎え

宿に到着。

すると沢山の猫が出迎え。

10匹以上はいる。

宿のおばちゃんがエサをあげている。

ひと風呂浴びてビールを飲んで休憩。

晩餐のメニュー

晩餐の用意が出来たので食事部屋へ行くと今日の御馳走が並ぶ。

揚げたて天ぷら

揚げたて天ぷら
揚げたて天ぷら

揚げたての天ぷらは天つゆと塩で。

しめじ、しいたけ、青唐辛子、イカ、白身魚、かぼちゃ、海老。

やはりここは冷酒の出番。

どれもサクサク、温かいのが嬉しい。

これだけで一食分。

アジ煮

大きなアジの煮物
大きなアジの煮物

ちょっと大きめなアジが煮物。

もちろん出来立て。

身をほぐして口の中に入れると甘い醤油の香りが広がる。

醤油煮のアジは初めて。

ブタの陶板焼き

ブタ肉と野菜の陶板焼き
ブタ肉と野菜の陶板焼き

陶板焼きに火を入れ、蓋をして出来上がるのを待つ。

一番下には大きな豚肉が一枚、もやし、細ネギの山。

10分後に出来上がり。

この豚肉が美味い、もやしと細ネギも控えめで良い感じ。

期待の船盛

刺身船盛
刺身船盛

本命の刺身は船盛。

アジのたたきが甘くて美味、地元真鶴の定置網で水揚げ。

マグロの赤身はさっぱり、好きな人にはたまらない。

ブリは脂がのりのり、舌の上でとろける。

サザエも鮮度抜群、磯の香りとコリコリ感が嬉しい。

舟に乗れなかった大ビラメ

大ヒラメの姿つくり
大ヒラメの姿つくり

舟に乗りきらなかったと別の大皿で出てきた大ビラメのお造りが出てきた。

3kgはありそうな上物。

こんなの釣れたら面白い。

身はモチモチしてほんのり甘く鮮度の良さが伺える。

エンガワもたっぷり脂がのる。

冷酒は片手に舌鼓をうつ。

太ったお腹をかかえ部屋に戻る。