雲見は古くからあるダイビングポイント

雲見温泉

静岡県の南西に位置する雲見温泉

40年以上前からダイバーを客として受入れていた。

民宿の提供、タンクのレンタルとエアー充填、沖岩へ船での磯渡しをダイバーに提供していた。

現在、民宿の料理のグレードがかなり上がっている。

ダイビングは水中ガイドもおり全器材のレンタルが可能。

ボートは昔のような磯渡しダイビングではなく、完全なボートダイビング。

磯渡しダイビングとは

磯渡しダイビングとは通常のボートダイビングとは違う。

タンク、ウエイト、レギュレター、ダイバー全てを船で沖の岩に渡してもらう。

岩に降りたら岩の上でスキューバの組立準備をする。

岩場から潜り同じ場所に戻ってあがる。

決めた時間に船が迎えに来くる。

磯釣りの磯渡しと同じ

磯釣りではこの磯渡しは普通に行われる。

ダイビングでは珍しい。

今はもう実施していない。

ボートダイビングの方が数段楽。

楽ちんエレベーター付きボートダイビング

雲見でいつも使用しているダイビングボートは船尾にエレベーターがついている。

エキジットするとき一度に3~4人が同時にボート上に乗船することができる。

ウエイトもタンクもフィンも履いたまま。

所定の場所に立つだけ。

水面からボート上まで引き上げてくれる。

とても楽ちん。

一度やったらやめられない。

効率の良いエレベーター付きボート

エレベーター船はエキジットさせる時間が短い。

また船長は操舵室から出ることなく全ての操作ができる。

潜るポイント名、浮上する場所、出発時間、潜水時間を伝えておく。

この情報をもとにボートは港と沖をシーソーのように往復送迎する。

陸上STAFFと船長のやりとりはハンドレス無線で行われる。

無駄のない動きとトラブルのないシステムに毎回感心する。

1ダイブ目は牛着岩の沖側

ダイビングポイントは沖の牛着岩(大牛岩、子牛岩)の周りがメイン。

他にも岸沿いの岩場にも天然洞窟など、いくつかのポイントがある。

雲見牛着岩
雲見 牛着岩 左が大牛 右が子牛

乗船すると最後尾で準備完了。

ポイント名24(ニーヨン)に到着。

ここは牛着岩、大牛岩と子牛岩の間の沖側。

大きな岩が2つ重なってトンネルになっている。

深度が24mあるので24(ニーヨン)と呼ばれる。

今回はエレベーターで水面へエントリー。

ニーヨンのブイにつかまって潜降開始

ブイにつかまり潜降開始。

赤潮の影響はない。

ロープ沿いに潜降していくと水底の透明度は15mほど。

水温16℃、やや低い。

透明度があり気持ちが良い。

ニーヨンの大きな岩の沖にのんびり泳いでいる魚が1匹。

弓矢の的の模様があるマトウダイ

体側に大きな丸印がある。

的(まと)のような模様なのでマトウダイと呼ばれる。

刺身でも食べられる。

フランス料理ではサンピエール(Saint pierre)ムニエルが有名。

大きな口で他の魚を一飲みにする。

背ビレが鶏のトサカのように伸びる。

横から見ると大きいが正面から見るととても薄っぺらい。