10000円札の隠し文字 裏

いよいよ最後のお札、10000円札の裏。

いくつの隠し文字があるのか?

宇治平等院の鳳凰堂の鳳凰像が描かれている面。

左下部

左下部の10000の字の10の右肩から上に伸びているオレンジ色の線が見にくいですけどNIPPONGINKOと書かれている。

オレンジ色で薄いので肉眼では見づらい。

中央下部

中央最下部の黒い線がNIPPONGINKOになっている。

小さくて肉眼ではハッキリは見えない。

右中央下部

右中央下部の花絵の左右の花びらに藤色のNIPPONGINKOの文字がある。

薄くて小さくて肉眼では見えない。

右下部の印

右下部の赤い印の左上へ延びる湾曲線の中。

2段のオレンジ色のNIPPONGINKOの文字が見える。

オレンジ色で見難いが肉眼でも見える。

右下部中央

右下部中央の余白際。

縦の線の中にオレンジ色のNIPPONGINKOの文字が見える。

2段に別れ上部へ伸びている。

この文字もオレンジ色で見難いが肉眼でも見える。

「ニ」「ホ」「ン」の文字

左上部の日本銀行のマークの外輪右のすぐ下に藤色の「」の文字がある。

中央やや左。

透かしの外輪と鳳凰の外輪が交わる上側部分から3mmほど上。

青色の「」の文字がある。

同じく中央やや左。

透かしの外輪と鳳凰の外輪が交わる下側部分から7mmほど下、やや左よりに辛子色の「」の文字がある。

「ニ」「ホ」「ン」の文字はどれも小さくて薄く肉眼では見ずらい。

これで表裏、3種類のお札すべてにニホンの文字が見つかった。

10000円札の裏側の合計

10000円札の裏側の合計は、NIPPONGINKOの文字が7か所、ニホンのちらし文字が1か所あった。

表裏で20か所以上の文字が隠れていた。

1000円札も、5000円札も、10000円札も、日本のお札って凄い。

そしてまたお札のデザインが新しくなりそう。

きっとまた隠し文字があるはず。

その時には再チャレンジ。