沖縄の牛乳946cc入りパック

牛乳パックは946cc入り

牛乳やジュースは1リットルの紙パックで販売されているのが一般的。

ところが沖縄では1リットル入りの紙パックで牛乳は販売されていない。

946cc入りの紙パックで販売。

1リットルより54cc少ない。

沖縄ではそれが普通。

なぜ?

第二次世界大戦後

第二次世界大戦後、沖縄や八重山諸島はアメリカの統治下にあった。

その当時リットルの単位は使われていなかった。

アメリカの単位であるガロンが基準としていた。

1リットルでなく1ガロンが基準

アメリカの1ガロンは約3.785リットル(イギリスやカナダの1ガロンは約4.546リットル少し量が違う。アメリカの1ガロンを基準に話す。)

原油ではこのガロンやバーレルが使われている。

1バーレルは42ガロン、約160リットル弱。

946ccの牛乳パックはこの1ガロンをもとにしている。

1/4ガロン946cc入りパック

つまり1ガロンの1/4。

3785cc÷4=946.25cc。

沖縄返還以前ではパック製造工場で1ガロンの1/4である946ccパックが作られていた。

沖縄が日本へ返還されたのは1972年5月15日。

返還したからといって工場では直ぐに1リットル=1000cc入りパックに変えられない。

変更するには交換するパーツや機械が必要、手間と時間そして費用もかかる。

とりあえず不自由は認められず、沖縄返還後から現在も同じ946cc入りパックが使用されている。

沖縄以外の牛乳会社が沖縄で販売する場合も946cc入りパックの牛乳を送る。

ちなみに一般的な500ccパックも沖縄では1ガロンの1/4。

473ccパックを使用している。

補足:1リットル=1000cc=1000ml