10000円札の隠し文字 表

いよいよ残るは大御所10000円札。

今までと同じように表側から見ていく。

福沢諭吉が見える面を捜す。

左の壱万円

左側の壱万円の大きな文字の上部に4か所と下部に4か所、上下対称的な位置にNIPPONGINKOの文字がある。

上部の1番目は大文字の日本銀行券の間、茶色の線の中にNIPPONGINKOの文字が見える。

上部の2番目は銀、銀の字の上、オレンジ色の線の中にNIPPONGINKOと2か所書かれている。

3番目はの間、緑色の線の中にNIPPONGINKOという緑色の文字が確認できる。

4番目はの字の下に茶色の字でNIPPONGINKOと書かれている。

同じように同じ色で壱万円の字を対称として下側にNIPPONGINKOという文字が4か所、書かれている。

中央下部

中央最下部の国立印刷局製造の字のすぐ上、波の線が黒い文字で3か所NIPPONGINKOと書かれている。

肉眼では見難い。

右下中央部

右下の中央部、シリアル番号の影に青文字で10000GINKOの文字が2か所ある。

同じくシリアル番号の影にオレンジ色の文字で10000NIPPONの文字が2か所ある。

これは肉眼でも確認できる。

上部中央部

上部中央やや右の黒い帯の下の細い線が黒字でNIPPONGINKOと書かれている。

肉眼では確認しづらい。

右上部

右上部10000の字の下、2本の線が黒い文字でNIPPONGINKOと確認できる。

肉眼で見るのは難しい。

「ニ」「ホ」「ン」の文字

赤い印の右やや下に緑色で「ニ」の文字がある。

中央の透かし部分の上、やや左に緑色で「ホ」の文字がある。

左上の10000の字の一番右の0の中央右側に「ン」の黄土色文字がある。

このニホンの文字はどれも非常に見づらい。

表の合計

NIPPONGINKOと書かれている場所が12か所、10000GINKOと10000NIPPON、それにニホンの文字が散らばって1か所にあった。