目覚めは青空

朝食はビュッヘスタイル

目が覚めたら青空が見える。

昨日の雨雲も何処か遠くへ消えて今日は暑くなりそう。

ホテル内の雰囲気が朝からザワザワしている。

タイの王族関係者が宿泊されるらしく黒スーツに黒ネクタイ(40日程前にプミポン国王が御崩御され、喪に服している)の人たちが多い。

ホテルのstaff達も緊張しているように見える。

いつも以上に綺麗なバリの正装をしている。

レストランのテーブル
レストランのテーブル

朝食はホテルレストラン入り口近くの席に案内された。

朝食メニューもアラカルトメニューからビュッヘスタイルの朝食に変った。

a buffet
a buffet

ビュッヘスタイルになるとあれもこれも皿の上に乗せてしまう。

いつも以上にボリューミー、お腹いっぱい、朝から食べ過ぎた。

Go Dive!

am09:00にダイビングボートが桟橋を出発。

ダイビング器材はダイビングstaff達が運んでくれた。

有難い。

40馬力のスモールベゼルで目的地まで約40分。

昨日とボートキャプテンが違う。

ボートは60席ほど有り、組合みたいな形になっていて毎日順番で変わる

ところが4人も孫のいる45歳のおじいさん。

なんとボートキャプテンは日本語は話せないがお爺さんは日本人だという。

第二次世界大戦の時に日本から来た軍人なのかもしれない。

ドロップオフ

昨日と違うドロップオフのポイントに潜る。

魚の群れが乱舞する。

カイメンとソフトコーラルがビッシリ育った壁沿いを南に向かう。

前後左右上下様々な魚の群れを見ながら進む。

白黒の目立つ魚がチラチラとヒレを振って呼んでいる。

マダラダルミの子供

マダラダルミ 赤ちゃん
マダラダルミ 赤ちゃん

背ビレ、胸ビレ、腹ビレ、すべてのヒレを振ってダンスをしているよう。

側には寄らしてくれない。

止まることなく踊るようにパタパタ体を揺らす。

カメラのピントはほとんど合わない。

ちなみにマダラダルミの親はかなり地味、色も模様も無く、泳ぎも緩慢。

マダラダルミ 親
マダラダルミ 親

まるで「たい焼き」のような形。

子供の模様とは全く違う。

目立つ意味はなに?

何故マダラダルミの子供は目立つように泳ぐのか?

水中は野性の世界。

周囲は外敵だらけ、いつも狙われている。

目立てば外敵にも襲われやすい。

目立つ模様と派手な泳ぎ方に何の意味があるのか?