クマノミとイソギンチャクの家訓

クマノミの仲間がどのように毒のあるイソギンチャクと棲んでいるのか?

クマノミとイソギンチャクには以下のような家訓がある。

1、イソビンチャクはクマノミを食べません。
2、クマノミはイソギンチャクを食べません。
3、イソギンチャクはクマノミを守ります。
4、クマノミはイソギンチャクを守ります。

この4つの家訓を生涯守る。

彼たちには言葉も字もない。

そんな事を教えてくれる人もいない。

ましてこんな家訓を言う人もいない。

ハマクマノミ 03
ハマクマノミ 03

不思議な習性。

誰も物言わず、誰も教えず、誰も伝えず。

自然に彼たちは守り暮らしてる。

何百年何千年さらにその昔から、何度も何度も世代交代を繰り返す。

DNAの中に組み込まれ、生まれた時から体が覚えている。

イソギンチャクはクラゲやサンゴの仲間で腔腸動物

イソギンチャクもクラゲと同じように触手に毒のある刺胞を持ち、プランクトンや小動物、魚などを捕らえ食べる。

でもクマノミとイソギンチャクは共存してお互い食べまない。

けれど偶然にクマノミをイソギンチャクが食べてしまうケースはある。

カクレクマノミ 04
カクレクマノミ 04

それは初めてのイソギンチャクに入った時におこることがある。

またクマノミの表面の粘膜を取り去ってしまった時にもおこる。

イソギンチャクはエサとしてクマノミを食べてしまう。

イソギンチャクにクマノミは食べられない

いちばん最初にイソギンチャクにクマノミが入る時には慣れが必要。

イソギンチャクの刺胞が全身に刺さればクマノミも生きていけずエサになってしまう。

クマノミが家と決めたイソギンチャクに入るには準備が必要。

最初に少しだけイソギンチャクに触れ、少しだけ刺胞に刺され毒を受け入れる。

クマノミの粘膜に刺胞に刺されぬ免疫ができる。

少し時間をおいてイソギンチャクに近づき刺胞に刺されるか確かめる。

刺されるようなら更に免疫力の強い粘膜だす。

これを繰り返すことにより刺胞に刺されない粘膜を分泌することが出来るようになる。

このようにしてクマノミは刺胞に刺されない粘膜を体の表面に作ることでイソギンチャクの中で生活することが出来るようになる。

ゆえに違う種類のイソギンチャクに入いると刺胞に刺され、エサとなってしまう事がある。

また人為的にクマノミの表面の粘膜を取り除き、イソギンチャクに戻すと刺胞に刺されエサとなってしまう。

マロンクマノミ 02
マロンクマノミ 02

上手にイソギンチャクへ接近出来たクマノミはイソギンチャクを棲家とし、イソギンチャクの毒により他の魚から身を守ることが出来る。

ときおりクマノミは自分には食べられない大きなエサを見つけるとイソギンチャクに運んで食べさせることがある。

イソギンチャクとクマノミの生活環境が整った家庭では

家訓

1、イソビンチャクはクマノミを食べません。

2、クマノミはイソギンチャクを食べません。

3、イソギンチャクはクマノミを守ります。

4、クマノミはイソギンチャクを守ります。

この4つの家訓はクマノミが作り上げたもの。