バリ島に到着

新しくなったデンパサール空港

バリ島に到着。

2年ぶり、ガルーダインドネシアの飛行機に乗って7時間半。

今まであったVISAの取得審査も料金も無くなり、赤道を超えた機内でのチェックも無くなった。

成田空港と現地デンパサール空港の Airport Tax も日本で航空券を購入する時の前払いになり移動がスムーズになった。

ガルーダインドネシア航空のガルーダは伝説上の神様の乗り物、伝説の生物ガルーダ。

赤道を超えても赤い線は見えない。

新しく大きくなったデンパサール空港

バリ島のデンパサール空港に到着したのは現地時間で18:00過ぎ。

以前の空港に比べ大きく綺麗になった。

入国手続き後は預け荷物のピックアップ。

荷物はなかなか出てこない。

1時間以上待ってやっと。

機内は満席、人数が多くて時間がかかったのか?

駐機場所が遠かったので時間がかかったのか?

staffのが少ないせいか?

待たされ疲れ。

税関を通って外に出ると運転手のディッキーが迎えに来てくれていた。

彼も1時間以上待たされたので少々疲れ気味。

バリ島を車で横断

日本の車がいっぱい

早速、車に乗り込み街中を走る。

クタの街中は渋滞。

トヨタ、ダイハツ、ニッサン、イスズ、ミツビシ、マツダと日本の車ばかり目に付く。

小型のの2人乗りバイクも多くスズキ、ヤマハの文字が目つ。

早いもの勝ちの運転ルールのようで怖い。

この国では気の強さと確かなドライビング技術が必要。

走っているほとんどの車にキズや凹みは見れない。

ビールの無いレストラン

マネイチェンジ、ビールとワインを買い込み夕食の小さなレストランへ到着。

メニューはアヤムゴレン(鶏モモの唐げ)、ビーンズの練り製品を揚げたもの、生野菜に超辛いピリカラソースとご飯。

このレストランにビールは無く、お茶、ミネラルウオーター、ジュースだけ。

どうやらイスラム教経営者の店らしく酒は販売禁止。

ウエイトレス2人の女性はヒジャブで頭を布で覆っている。

持ち込みは良いというので買い込んだビールで乾杯!

食事は右手

箸はない。

手を洗い直接右手でつかんで食べる。

イスラム教では左手はトイレで使用する手なので不浄のもの。

子供の頭を撫でる時も右手。

鳥の唐揚げはパリパリでとても美味、だがソースは辛いからい。

汗だけでなく鼻水まで出てくる。

ライスはベトつかず、つかむのも楽、ピリカラソースに良く合う。

夜中のドライブ

お腹も落ち着いて夜中のドライブ続行。

山越えして更に3時間半、リゾートホテルへ到着、夜中の00:30。

チェックイン手続きを済ませ、部屋に着いたらバタンキュー。

おやすみなさい。

明日からいいよ楽しみのダイビング。