スーパームーンって何?

昔は聞かなかったスーパームーン

明日は年に一度のスーパームーン。

ここ数年前から聞くようになった言葉。

10年以上前には聞かなかったスーパームーン。

綺麗な満月って意味かと思っていた。

満月は1年に12回訪れる。

スーパームーンは年に1度だけ。

スーパームーンは特別な満月

スーパームーンとは満月であり、地球から月までの距離が一番近い時の事をいう。

実は地球と月までの距離は年中変わっている。

それは月が地球の周りを公転して動いているのが理由。

そしてその軌道は正円ではなく楕円形の軌道をしている。

楕円形の中心に地球が有り、月が楕円形の軌道を通って地球のまわりを周っている。

そのため地球に近い時と遠い時ができる。

スーパームーンは1年で一番近い満月

そして満月であり一番近づいた時をスーパームーンと呼ぶようになった。

同じ満月でも遠い距離と近い距離では差ができる。

一番の近い距離にある満月(スーパームーン)と一番遠い距離の満月では30%も面積が違う。

当然大きく明るいと感じる筈。

明日の11月14日のスーパームーンは68年ぶりの巨大なスーパームーンとNASAなどが取り上げている。

68年前のスーパームーンよりも30km地球に近い。

肉眼で実際に見てその差は解るのだろうか?

残念ながら明日は曇り

曇りから雨へ

とにかく綺麗な大きなスーパームーンを明日見る事が出できる。

ところが天気予報によると残念ながら曇りから雨になる予報。

残念ながらスーパームーンは見られそうにない。

プチスーパームーンを見よう

1日早いが今日のうちに満月を見といたほうがよさそう。

本当のスーパームーンでは無いけれどプチスーパームーンが見られる。