ソラスズメダイ

エメラルドグリーンの伊豆の海

静岡県西伊豆の安良里の海は良い色をしている。

水底が砂地の海はエメラルドグリーンに見える。

珍しい魚にも会うことができ楽しい満足のダイビング。

ソラスズメダイ

色と模様の素晴らしさ

いつも魚たちを見て思うことは色と模様の素晴らしいこと。

そのまま絵画として壁に飾りたくなる。

洋服の柄にしたら凄いものができる。

色彩の派手なものもいる。

陸上ではまだお目にかかったことがない。

ソラスズメダイの色

ソラスズメダイは素晴らしい。

伊豆の浅い海でも普通にみられる。

ダイビングを始めると最初に心に残る魚。

コバルトスズメと呼ぶ人もいまる。

ソラスズメダイ
ソラスズメダイ

 

関東近辺にいる青い魚体、尾の黄色い小型の魚の名前はソラスズメダイ。

体中に青ラメを纏っている。

とても印象に残る。

ソラスズメダイはタイではない

名前にタイが付くけれどマダイの仲間ではない。

小さいスズメダイの仲間。

大きさは6cmぐらい。

沖縄でない、こんな近い海に沢山の綺麗な魚がいるので感動する。

ソラスズメダイの綺麗な青

ソラスズメダイの色

その色は全身コバルトブルー。

尾びれの部分だけ黄色と目立つ。

石の下や隙間が家。

昼間は中層で泳ぎ、流れてくるプランクトンを食べる。

ソラスズメダイ
ソラスズメダイ

ソラスズメダイはグレーに色を変える

面白いのは体色を変わること。

ソラスズメダイは元気に餌を捜しているときは鮮やかなコバルトブルー。

けれど夜寝てるときはグレー色に変化する。

水温が低かったり水が悪くなり元気が無い時もグレー色に変わる。

捕まえてバケツの中に入れるとボケたグレー色に変わってしまう。

まったく違う魚と勘違いする。

コバルトブルーの理由は?

けれど何故、こんなに鮮やかなコバルトブルーなのか?

ハッキリした理由はわからない。

ソラスズメダイ

ほかの魚に襲われないためか?

けれど目立つので襲われやすいのでは?

それともコバルトブルーは他の魚からは不味い色に見えるのか?

魚の不思議は続く。