空はなぜ青い?

青い空

空いっぱいに広がる青い空。

いつ見ても気持ちいい。

黒い雨空は気持ちもどんより暗くなる。

太陽からの光

太陽からの恵みは光となって大地に降り注ぐ。

この光のおかげで地球上の植物も動物も生きられる。

光は太陽から発せられ宇宙空間を通り、大気を通り地表に届く。

太陽の色

人間が見る太陽は白っぽく見える。

可視光線の虹の7色が混ざり合って見えている。

7色は波長の短いものから順に紫色、藍色、青色、緑色、黄色、橙色、赤色と波長が長くなる。

可視光線の紫より波長が短いものが紫外線、赤より波長の長いものは赤外線と呼ばれる。

なぜ青色だけ空に広がる

波長の短い紫色や青色は地球の大気圏に入ると、直ぐにチリなどの粒子にあたり反射、屈折して四方八方へ散乱する。

その中で紫色は人間にとって視認しづらい。

波長の長い赤色は細かい粒子にあたりづらく散乱が弱い。

青色は何度も粒子に当たり空一面に広がっていき、空が青く見えるようになる。

海はなぜ青く見える?

青色だけが水中深く届く

空が青いように海も青いのは同じ理由なのだろうか?

透明度の良い深い海では海が青く見える。

赤色は水の分子に吸収されて水面近くでなくなる。

青色は水中深く通過していく。

透明度の良い深い海では、この深くまで届く青色の光が見えている。

水底の色が混ざる

水深が浅い海域では海が青く見えないのは水底の色が見えてしまうからだ。

水底が黒ければ黒っぽい海の色になる。

また白砂の海底ならば明るい海の色になる。

サンゴ礁域では海底の砂の白色が混ざってエメラルドグリーンになる。

青い海
パラオの浅い海、海底の白砂のエメラルドグリーン。黒い部分はサンゴ礁。

透明度が良い海だけ

また水の透明度が良くないと青く見えない。

濁っている水では浮遊物の粒子に反射し、浮遊物の色が見える。

陸に近い海では川から陸水が入ったり、海岸にあたる波で水底の砂が巻き上げられているので濁っていることが多い。

陸に近い場所の多くは川の排水などで濁っているので青い海にはならない。

青い海は何処へ行けば見える

もし身近な場所に青い海がない人は何処に行けば見られるか。

インディゴブルーの綺麗な青い海を見たければ陸地から離れた遠い沖の海へ行くと見られる。

陸地から遠ければ人間界の汚染や川の流水の影響も受けづらい。

黒潮が流れているような水深のある沖の海ではインディゴブルーの目の覚めるような綺麗な色をしている。