タイは鯛

タイはめでたい縁起物

タイと言えば聞こえが良い。

日本で魚の王様と言えば誰もが知っているマダイ。

ピンク色のマダイは縁起物としても用いられる。

マダイは赤い魚で知られ、紫ラメの点々がある。

マダイ

タイの縁起は日本だけ

海外ではマダイをあまり見ない、そしてマダイは縁起物でない普通の魚として扱われている。

マダイを喜ぶのは日本人だけだとあまり知られていない。

そして日本ではタイの名前を他の魚にもつけたがる傾向がある。

マダイの仲間は同じ赤いキダイ(レンコダイ)とチダイ、そして黒いクロダイ、ヘダイがいる。

けれど今から述べる魚はタイという名前がつくがマダイの仲間ではない。

日本にはタイと名前がつくけれど鯛とは違う魚が多すぎる。

タイでは無い、タイの名前がつく魚

フエフキダイ

笛を吹いているような容姿の魚。フエフキダイはイサキの仲間。同族にはヨスジフエダイ、ロクセンフエダイ、アミメフエダイ、シロダイ、メイチダイ、ヨコシマクロダイ、センネンダイなどがいる。

メイチダイ
メイチダイ

また、やや深い海に棲む高級魚ハマダイ(オナガ)、アオダイ、ヒメダイもフエフキダイの親戚だ。

キンメダイ

マダイと同じく赤い魚体で目が金色の深海性の魚、キンメダイの煮つけが美味しいのは有名。

エビスダイ

夜行性の魚でアカマツカサの仲間。仲間にウケグチイットウダイなどがいる。

マトウダイ

体の中央に的のような黒い丸がある。仲間に黒い丸の無いカガミダイがいる。

イボダイ

やや深い海に棲む魚で干物が有名。仲間にメダイがいる。

テングダイ

黄色と黒の縞模様で口先が天狗の鼻のように尖る。仲間にツボダイ、クサカリツボダイがいる。

テングダイ
テングダイ

ヒゲダイ

形はテングダイに似るが全体が黒く顎下にヒゲがある。ヒゲの無いヒゲソリダイもいる。親戚にはコロダイ、コショウダイ、アジアコショウダイなどがいる。

ヒゲダイ

クルマダイ

魚体は赤く、やや深い海に生息する。美味い魚だがあまり獲れない。

ネンブツダイ

小型の魚で岩などの障害物付近に群れを作る。口の中で卵を育てる。仲間にはテンジクダイ、スカシテンジクダイ。アオスジテンジくダイなどがいる。

ネンブツダイ

アマダイ

美味な魚で有名。日本ではアカアマダイ、キアマダイ、シロアマダイ、ハナマダイ、スミツキアマダイの5種類がいる。

キツネアマダイ

アマダイの仲間ではなく小型の細長い魚。仲間にヤセアマダイ、オキナワサンゴアマダイなどがいる。

マツダイ

幼魚は枯れ葉のような擬態をし、流木や流れ藻について移動する。

シラコダイ

チョウチョウウオの仲間。他にゲンロクダイ、トノサマダイ、フエヤッコダイ、ハタタテダイなどがいる。

フエヤッコ

ハタタテダイ04
ハタタテダイ

キンチャクダイ

チョウチョウウオに似る大型のヤッコの仲間。他にタテジマキンチャクダイ、キヘリキンチャクダイなどがいる。

タテジマキンチャクダイ
タテジマキンチャクダイ

カゴカキダイ

チョウチョウウオのような形で黄色地に黒の縞模様がある。

カゴカキダイの成魚
カゴカキダイ

イシダイ

釣り人には磯の王者とも呼ばれる。仲間に石垣模様のイシガキダイがいる。

イシダイ
イシダイ

タカノハダイ

銀地に茶色の斜め縞模様があり、鷹の羽の模様に似ている。

タカノハダイ
タカノハダイ

サクラダイ

綺麗な小型の魚。マダイとは似ない。仲間にキンギョハナダイ、アカオビハナダイなどいる。

サクラダイ雄
サクラダイ雄
キンギョハナダイ
キンギョハナダイ

スズメダイ

小型の魚でクマノミもこの仲間。サンゴ礁域や岩場に生息し種類が多い。仲間にソラスズメダイやナガサキスズメダイなどがいる。

ソラスズメダイ

コブダイ

ベラの仲間。大型になると額がコブのように出っ張る。

コブダイ
コブダイ

ブダイ

ベラの親戚。ベラより大きくなる。ブダイの種類は多くイロブダイ、ナンヨウブダイ、ハゲブダイ、イチモンジブダイ、アオブダイ、カンムリブダイなどがいる。

ブダイ
カンムリブダイ

ニザダイ

尾の付け根に3~5本の突起があり、岩礁帯に生息する。

タイの意味は魚?

タイでないのにタイの名前がつく魚の仲間は上記22種類ほどある。

タイに似る魚もいれば、タイとまったく違った魚もいる

魚を名付けたその時代の人たちは平たい丸い魚という意味でタイを名付けた。