台風15号が中部地方に上陸?

台風15号発生

9月5日(木)午後03:00、台風15号1002hPaが発生した。
 
日本の中部地域へ向かってくる?
 
日本のはるか南東のマーシャル諸島で発生した熱帯低気圧が台風になった。
 
今週末から来週の頭にかけて日本の本州中央を縦断しそうな雰囲気になっている。
 
現在はサイパン島の東北東約900km、南鳥島近海とまだ遠い。
 
日本本土へ近づくと高気圧の縁をとおり急にスピードが速くなる。
 
小笠原へもっとも近づくのが9月7日(土)午後03:00頃。
台風15号
台風15号

日曜日の台風15号

9月8日(日)午前03:00には房総半島の南600kmまで近づき、そのまま北北西へ北上し同日午後03:00には御前崎の南250km、そのまま北上し上陸する可能性が高い。
 
なんとか逸れるか、時間をかけてゆっくり来て欲しいと個人的に望む。
 
上陸した後は中部地方、関東地方、東北地方へと移動。
 
9月9日(月)午前00:00には福島県付近を通過し、宮城県付近で再び太平洋側へ出て行きそうな予報。

米や農作物も心配

海では波風が高くなるのはもちろんのこと、農家にとっては作物の収穫時期を前にした大雨や大水、強風に対する事前対策が必要と思われる。
 
大きな被害が出ないことを祈るばかり。
 
今後の台風15号(現在熱帯低気圧)の動きと勢力に十分な注意が必要。

台風三兄弟

台風13号

台風13号は宮古島付近にあり、東シナ海を北上し7日(土)には朝鮮半島へ上陸しロシアへ向かう予報、本州には大きな被害はなさそうだが台風の北上に伴い暑く強い南風が吹くことが予想され猛暑になる。

台風14号

台風14号も発生したが日本より遥かに遠く、やがてベトナムに上陸する予報、日本への影響はないとみられる。