台風「ノルー」と「クラー」が発生

台風5号「ノルー」

今日午前9時、熱帯低気圧から台風に変わる。

今年5番目の台風5号「ノルー」が南鳥島近海で発生。

ゆっくりとしたスピードでこちらに近づく。

台風6号「クラー」

続いて6時間後の午後3時、ミッドウエイ近海台風6号「クラー」も発生。

「クラー」も更に遠方だがゆっくりとこちらに向かってくる雰囲気。

今まであまりない台風の発生と接近の仕方。

もし、日本上陸ともなれば被害が心配。

さらに台風のタマゴが2個

更に四国沖とフィリピン近海に2つの熱帯低気圧がある。

台風に発達すれば合計4つの台風。

いよいよ台風シーズン。

熱帯低気圧と低気圧の違い

低気圧とは

低気圧とは北側の冷たい空気と南側の温かい空気がぶつかり合って渦ができたもの。

一緒に前線もできる。

低気圧と温帯低気圧は同じ。

熱帯低気圧とは

熱帯低気圧とは熱帯や亜熱帯域の海上で温かい海水の蒸気が大量に上昇することによっておこる。

そのとき渦を巻く。

前線はできない。

台風とは

台風とは

台風とは熱帯低気圧が更に海面の水蒸気を吸い上げ力を増し、最大風速(10分間平均)が17.2m/s以上になったときに台風と呼ぶ。

熱帯低気圧や台風に前線はない。

また台風は海の水温が高ければパワーを増していき、陸地に上陸するとパワーが落ちる。

台風の勢力

台風の勢力は「強さ」と「大きさ」で表す。

「強さ」は中心付近の最大風速を3段階で表す。
●強い   (33m/s~44m/s未満)
●非常に強い(44m/s~54m/s未満)
●猛烈な  (54m/s以上)

「大きさ」は風速15m/s以上の強風域の半径、次の2段階
●大型   (500km以上~800km未満)
●超大型  (800km以上)

台風とタイフーン、ハリケーンとサイクロン

台風とタイフーンハリケーン、サイクロンも元は熱帯低気圧。

強さと地域によって名前が変わる。

台風は、赤道より上(北側)の太平洋で日付変更線より西側で発生し、最大風速17.2m/s以上の熱帯低気圧(日本基準)。

タイフーンは、台風と同じエリアで最大風速33m/s以上の熱帯低気圧(世界基準)。

ハリケーンは、赤道より上(北側)の太平洋の日付変更線より東 側と大西洋で発生し、最大風速33m/s以上の熱帯低気圧(世界基準)。

サイクロンは、赤道より下(南側)の太平洋とインド洋で発生し、最大風速33m/s以上の熱帯低気圧(世界基準)。

各エリアの方言ともいうべきか?

台風の名前については ⇒ クリック