犬のエサやり

一日二回

出かける時には一家そろって。

しばらくそんな旅行はしていない。

9年前にやってきた犬と一緒に暮らしてからは朝晩のエサやりが必ずあるので誰か一人は家に残らなければならない。

ペットホテルに預けるという手もあるだろうが今だに試したことはない。

ひとりのときは自分の帰りが遅くなればエサやりの時間が遅れ不規則な食事となる。

残業や飲み会などで帰りが遅くなる時は後ろめたさを感じる。

出せば出すだけ食べる

水は多めに容器に入れておけば済む。

けれどエサは前もって沢山出すことができない。

前もって2食分出せば、2食分丸ごと食べようとする。

腹がいっぱいになってもまだ食べる。

半分だけ残して後で食べるという選択肢はないらしい。

目の前にあるエサを食べきるということが食事の目的らしい。

これは犬によって違うだろう。

猫は腹が満ちれば食べずに残す。

人の手でエサをやる

食べ過ぎぬため食事の時間になってからエサを出す必要がある。

ゆえにどうしても人の手が必要。

残業や飲み会、旅行の時など誰かが代わりにエサをあげてくれれば助かる。

自動的にエサをあげることができる便利なものはないだろうか。

朝晩、決まった時間に決まった量を自動的にあげられる、そんなエサやり器があったら便利。

犬猫自動エサやり器

自動エサやり器カリカリマシーン

すでに使用されていた。

犬猫タイマー式自動餌器「カリカリマシーン」、値段は8,306円。

説明を見るとなかなか面白い。

  • 1日4回までタイマーの設定時間が決められる。
  • 1回のエサの量は10、20、30、40、50、60、70、80、90、100gの10段階の設定が出来る。
  • エサ入れタンクは4.3リットルの大容量。
  • エサ入れタンクも食事トレイも着脱式で洗浄可能。
  • 電源はコンセントと乾電池、両方使用可能。
  • ボイスレコーダー付き、飼い主の声でエサの時間を知らせる。
  • 操作がシンプルで簡単。
  • これで連休中の旅行も出かけられる。

さらに新型も出ている。

新型自動エサやり器

スマートホンのアプリを利用してオンタイムでエサをあげることが出来る。

エサをあげる時間をセットし忘れたとしてもこれなら大丈夫。

例えば残業しながらアプリでエサやりスイッチを入れればカリカリマシーンspからエサが出てくる。

カリカリマシーンSP

これさえあれば旅行に行ける。

あっ!ダメだ。

内の犬は散歩しないとトイレができない。

エサは解決したけど散歩の問題はカリカリマシーンSP では無理。

やっぱり旅行はお預けか・・・