初潜りは伊豆山

温泉

今年の初潜りはここ数年恒例となっている静岡県熱海の東側に位置する伊豆山港へ行ってきた。

熱海と同じ温泉があり、洞窟から湧き出す温泉走り湯伊豆山神社がここの名所だ。

江戸城の石垣を作った石はこの伊豆山周辺からも石を切って運ばれている。

温泉の湯は船の上にも用意してくれてダイビング後に温かい湯を頭からかぶることが出来る。

ビーチラインに見えるこの赤い橋が伊豆山港の目印、港へ行くにはビーチラインから中田屋ホテルの前を山側に入っていく、そのまま奥まで海沿いを下って行けば伊豆山港だ。

沖根と新根

ダイビングのスタイルはパーマネントブイが張られ船がブイに係船してからダイビングスタート、

ブイライン沿いに潜降、浮上すればビギナーでもダイビングはしやすく、流れも少ない。

ダイビングポイントは港から2分の沖根と5分の新根2カ所がある。

両方とも大きな岩で深度6mから20m前後の深さまで落ちて水底となる。

沖根は20mの海底が砂地で平ら、新根は水底がゴロタ石で沖に向かって徐々に深くなり深度30mの砂地で平らになる。

魚は両ポイントとも多いが冬は新根の深度24~26mの砂地とゴロタ石の境付近に大量のクロホシシモチとネンブツダイが集まる、またそれを目当てにヒラメも集まってくる。

初潜り

1本目も2本目も新根

透明度は20mある。

きれいで海が青い。

水温は17℃前後。

レギュレターを咥えて潜るとシーンとした中に魚達の泳ぐ姿が見える。

水底近くを沖へ向かう深度24mを越えた辺りからクロホシイシモチの大群が雲のように水底から2m上に浮いている。

ヒラメヒラメヒラメ

大きさ50cmほどのヒラメ、砂地で餌を狙うのではなく、ここのポイントでは岩の上にいる。

頭の上をクロホシイシモチの群れが通るのを待っている。

そしてまた1匹、大きさはやや小ぶりで40cmほど。

何もしなければ逃げず、その場所にずっといる。

またいた。

肉厚もあり周囲の色に似せてやや赤い感じに見える。

大きさは60cmぐらい。

1ダイブ目は1匹、2ダイブ目は5匹それも4匹は2畳ぐらいほどの岩の上に一緒にいた。

よほど獲物を襲うのに都合の良い場所なのだろう。

これだけ狭い場所にまとまってヒラメがにいるのを見たのは初めてだ。

太公望ならたまらない。

台風で底荒れ

毎年この時期イイジマフクロウニに大きく育ったゼブラガニが共生している。

それを見るのを楽しみにしていただがイイジマフクロウニがほとんどいない。

昨年7月29日の台風12号で海が大きく荒れて水底の生物がいなくなってしまった。

江之浦だけではなく大きな海域で海が壊れていた。

サザエも少ない、ヒトデもナマコもほとんど見つからない。

大波で水底のゴロタ石がゴロゴロ転がりすり鉢状態なってしまったらしい。

浅い海底に棲んでいた水底生物は生きていけなかっただろう。

それでも生きている

深度24mで見つけたキイロウミコチョウ。

大きさは3mmほどで米粒より小さい。

いつもはもっと浅い深度で見つかるウミウシ。

ちょっと怖い顔のトラウツボ。

怖い顔だけど生まれつき、威嚇しないと襲われたら大変、彼には手も足もなく武器は歯だけ。

白い斑点が口の中まで見える。

この他に本種ウツボは何故か沢山見れた。

ソフトコーラル

ウミトサカともトゲトサカともいわれる。

カリフラワーのようなサンゴの仲間、石のように硬いサンゴもあるがこのサンゴは柔らかいのでソフトコーラルと英語で呼ばれる。

ルーペなどで拡大して見ると8本足のポリプが沢山集まっているのが見られ、このポリプでプランクトンを食べている。

ダイビング終了、ボートの上で湯を頭から浴びていよいよ楽しみのお昼、今日は船長に特別お願いしたサザエごはんが待っている。