ウエットスーツは身を守る

スノーケリングでウエットスーツを使用することは安全になるの続き、Part3。

1、ウエットスーツには浮力がある。

2、日焼けから身を守る。

3、クラゲの刺細胞から身を守る。

この3項目はすでにご紹介済。

4、岩礁やサンゴなどの擦傷や打撲から身を守る。

5、保温性がある。

今回は上記No,4のウエットスーツは身を守るをご紹介。

ウエットスーツは弾力性がある

ウエットスーツ生地のクロロプレンゴムには沢山の独立した気泡が入っている。

この独立した沢山の気泡が役にたつ。

クロロプレンゴムはクッションになる。

3mmのウエットスーツよりも5mmのウエットスーツの方が弾力性がある。

水中で皮膚はふやける

水中に入れば人間の皮膚はふやけて柔らかいケガをしやすい状態。

ゴツゴツした岩やカキなどに少し触れただけで皮膚は切れてしまう。

また、石サンゴもヤスリのように硬く鋭い。

触れると簡単に切れる。

サンゴの傷は治りにくい

サンゴによる傷は3週間以上ジクジク化膿して治り難い。

サンゴでの傷はポリプ液や雑菌が入り化膿する。

こんな時もウエットスーツを着ていればケガをせず体を守ってくれる。

 

ウエットスーツは打撲からも身を守る

クッションの効いたウエットスーツ

弾力性があるウエットスーツを着用していれば岩に体をぶつけてもあまり痛みを感じない。

海の波打ち際で転んでも痛みもなく外傷もほとんどない。

独立した気泡の入ったクロロプレーンゴムがクッションとなって体を保護する。

陸上でも水中でもウエットスーツでケガなし

ウエットスーツは日焼けから身を守る。

クラゲからも身を守る。

そしてケガからも保護してくれる。

ウエットスーツは大切なプロテクトスーツ

スクーバダイビングで外傷が少ないのはダイバーがウエットスーツを着用していることが大きく関係している。

ウエットスーツの弾力性ある生地が身を守る。

スキューバダイビングがケガの少ないスポーツである理由のひとつ。

次はウエットスーツはなぜ保温性があるのかをご紹介⇒クリック