ラストダイブ

今日のランチタイム

風波の無いリーフの上にボートを移動するとランチタイム。

メニューは豚肉のBBQソース炒め、ライス、生野菜とオリーブオイル、フルーツはパパイヤ。

洋上ランチは風があって気持ち良い。

屋根もあるので涼しい。

味は期待するものではない。

最後に口にするのはお茶ではない。

コーラで流し込む。

残りは魚へ

残りのわずかな野菜とライスは海へもどす。

色とりどりの熱帯魚がおこぼれチョウダイと集まってくる。

食後は、いよいよラストダイブ。

ポイントはブルーコーナー

ブルーコーナー1丁目

ブルーコーナー1丁目のパーマネントブイに船を係船したらダイビングスタート。

流れは強く、相変わらず魚の群れは濃い。

バッファローフィッシュ(カンムリブダイ)が目の前を通りすぎる。

バッファローフィッシュ

大きいけれど顔はすきじゃない。

七面鳥のような顔だ。

ブルーコーナーの先端へドリフトダイビング

リーフに沿う流れに乗りながらブルーコーナーの先端へ移動。

泳ぐ必要はない。

流れに身をまかせ、深度を一定にして漂う。

ウメイロモドキの群れ、オオメカマスの群れ、カスミチョウチョウウオの群れ、マダラダルミの群れ、アカモンガラの群れを、ツムブリの群れを見ながら流れにのる。

ツムブリ

速く泳げそうなスリムナボディー。

英語の名前はレインボーランナー。

オグロツマジロザメ、ネムリブカが足元を通り過ぎる。

ブルーコーナーでオグロツマジロザメ

流れが強くなって、そろそろブルーコーナーの先端。

棚に上がり流されないようにカレントフックを岩にかけ体を安定する。

目の前を何匹ものオグロツマジロザメが泳いでいく。

動作もないのに流れをのぼる。

さすがサメ。

オグロメジロザメ

なぜこの強い流れに逆らえるのか。

不思議でならない。

ヨコシマザワラもサメと一緒に姿を現わす。

下ヨコシマザワラと上オグロメジロザメ

悠然と強い流れを登っていく。

魚の形には水の抵抗を小さくする秘密がある。

カレンロトフックを外し移動

早めにカレントフックを外し、棚の浅場へ移動。

砂地の辺りにバラクーダの群れ。

バタクーダの群れ

1ダイブ目のブルーホールにいた巨大なバラクーダに比べ怖い顔をしていない。

若々しい感じがする。

浅場の方に群れのシルエットが目に飛び込む。

水底に沿ってゆっくり移動。

速すぎると魚が散ってしまので微速前進。

最後はギンガメアジ

数えきれないギンガメアジの群れが。

群れのシルエットは終わりが見えない。

超接近!

水深12mと浅いので太陽光が水中に入り、銀鱗が輝き素晴らしい。

水底に着底したまま、その優雅な姿を最後の時間まで楽しんだ。