夕飯は何にする?

ホテルに戻りシャワーを浴び、軽装に着替える。

行くは夜のコロールの街。

夕飯はどこへ?

パラオの市街コロールにはレストランが15件ほどしかない。

和食&洋食、パラオ系洋食、中華&麺、焼肉、火鍋、ローカルフード、ハンバーガーショップ、タイ風レストラン、インド料理、イタリアンなど。

毎年、潰れたり、新しく出来たり。

火鍋店消失

初日はやっぱりここでしょう。

火鍋

「火鍋・ウアベ」

日本語は通じない。

家族経営で中国語のみ。

英語はオーナーのおじさんだけが何とか解る程度。

アバウトなレストラン

ビールは冷蔵庫から勝手に出して勝手に飲む。

精算は後で本数をかぞえる。

アバウトなローカル中国おじさん。

この店は火鍋屋、中国風のすきやき鍋。

そして自慢のピーナッツバターと辛々醤油ねぎ醤油が絶品!

火鍋

一年に一回の楽しみ。

廃墟

だが行ってみると店は闇、明かりも無く人の気配も無い。

廃墟の店住い。

ありゃりゃ!

やっぱりダメになっちゃった。

次があるさ

スリヨタイ

気分を変えて明日予定していたタイ料理の店「スリヨタイ」へ向かう。

空芯菜のニンニク炒め、パイナップルライス、タイカレー、ディンプルにワインとビール、どれも楽しみ。

だが店の中が暗い、本日は日曜日で休み?

嫌な予感!

メッセージ

入口のドアにメッセージが貼ってある。

「18年間、有難うございました。違う国で頑張ります。」

そうかそうか18年間、頑張ったのか。

ここも閉店。

どこの国へ行ったのか?

さ~てどうする?

彷徨う

持ち駒は消えた。

食べたいものも分からずに空腹の時間が過ぎていく。

立ち止まるのはNG。

歩いて目に飛び込むサインで考えよう。

車の多いメイン通りを進むと青いLEDで「火鍋」。

火鍋なら熱くて辛いのだから赤のサインでしょう?

と訝りながらも「火鍋」の文字。

心負けて入った。

火鍋コース$25

ひとり$25のコースと言われ、他に行く気も無く。

それオネガイシマス。

辛いスープと白湯スープの二つに別れた鍋がでてきた。

火鍋

牛肉、豚肉、肉ダンゴ、豆腐、春雨、魚身、生海老、空芯菜、白菜。

自分たちで自由に鍋に入れてどうぞ~。

忘れられないピーナッツバター

「オネガイシマス!火鍋、ピーナッツバターソースで食べたいのです!ピーナッツバターをクダサイ!」

帰ってきたと言葉は「当店にはそんなものはアリマセン!」と冷たい。

同じ味だと思った火鍋は新しい展開に

薬味は生ニンニクと自家製豆板醤それにオリジナル魚醤。

これが旨い。

だけれど辛いのなんのって・・・。

旨い、辛い!ズ。

うまい、からい!!ズズ。

カライ、ウマイ!!!ズズズ。

鼻水が止まらない。

ティッシュはママの味

ティッシュが離せない!

辛い!

おいしい。

でもハミズずるずる!

あの~。

すいません、ひとり1箱ティッシュください~。

その後ホテルへ戻った一行。

明け方までニンニクのゲップに悩まされることを誰も知らない。