小寒

築地マグロ初競り

大間で水揚げされた212kgのホンマグロが7,420万円で落札された。

正月のご祝儀価格としても凄い。

落札したのは6年連続ですしざんまい。

漁師はこのマグロを尾にテグスが絡んだ状態で釣り上げた。

脂の乘りも上々の良いマグロだった。

そんなマグロを釣ってみたい!

寒の入り

今日は1月5日、冬至 (12月22日)から数えて15日目の小寒。

寒さが加わりさらに寒くなる。

寒の入りとも言う。

冬至 と大寒(だいかん1月20日)の中間の日にあたる。

小寒から節分(2月4日)までの30日間を寒の内と言う。

寒風強く降雪がある時節、寒さが厳しくなる季節。

いよいよ冬本番。

雪の準備

そろそろ雪が降った時のために除雪用のスコップ等を準備しておくと良い。

車を運転する人は冬用タイヤに変えるか、雪用のタイヤチェーンを常備しよう。

寒中見舞いを出し始めるのはこの小寒の日から。

寒中水泳や寒稽古が行われるのもこの寒の時期。

寒が明けるのは節分の翌日の立春、2月5日。

調神社も寒の入り

昨日まではプチ暖かい日が続いた。

今日は寒い風が強く吹いている。

空は雲もなく青空が広く陽射しも眩しい。

けれど寒の入りという言葉通り寒い。

調神社01

正月、浦和の調神社は初詣の人で混んでいた。

元日は旧中山道も通行止めになった。

さすがに今は解除されている。

今日は1月5日、初詣の参拝客も少なめ。

調神社02

仕事始めに初詣

団体の若い人達がスーツ姿で参拝。

会社全員で来たような雰囲気。

近在にある企業のよう。

調神社03

皆の今年の希望?

おみくじのオブジェが出来上がっていた。

沢山の望みと思いが結ばれた芸術。

調神社04

絵馬には進学祈願、病完治祈願、恋愛成就など多種多様な希望が綴られている。