バリ島のアグン山ついに噴火 半世紀ぶり 382

アグン山が噴火

黒煙700m噴出

バリ島の北東部にあるアグン山が昨日の21日(火)17:05(日本時間18:05)噴火した。

山頂から700mの高さまで黒い噴煙が確認された。

マグマの流出は確認されておらず、火山灰だけの噴出にとどまっている。

今回の噴火はアグン山内部の蒸気がマグマと接触したことによって発生する「水蒸気爆発」と考えられる。

バリ島の防災当局のマデ・インドラ氏によると「われわれの見解ではこれは噴火ではない」「噴火とは火山から物体が噴出するものだが、今回は一切噴出が見られない。噴出したのは煙だ」と述べた。

半世紀前の1963年に噴火したときは2月18日に始まり11ヶ月以上続いた。

マグマも流出し、大きな被害をだした。

空港は

現在バリ島のデンパサール国際空港を発着する空の便に目立った影響は出ていない。

日本発着のエアアジアXやガルーダインドネシア航空も通常通り運行を行っている。

もしアグン山が噴火した場合、デンパサール国際空港は70km以上距離が離れているので土石流などの直接の影響を受ける事は考えられない。

しかし、火山灰の影響で運行がストップする可能性は0%ではない。

9月から今までのアグン山の様子

警戒レベル4

アグン山では9月中旬以降、火山性地震が頻発。

同月22日、警戒レベルを最高位に引き上げ、山頂から半径9~12km圏内への立ち入りを禁止し、周辺住民ら14万人超が一時避難した。

そのときの詳細は「バリ島ダイビングとアグン山 348」で説明

経過レベル3に下がる

そして地震の規模が小さくなったことから10月下旬には警戒レベルを一段階引き下げ、立ち入り禁止区域も同6~7,5km圏内に縮小した。

対策局は「今回の小噴火は爆発的噴火には至っていない」と述べ、当面警戒レベルは現状を維持する考えを示した。

明後日24日からバリ島へ

たぶん大丈夫

実は明後日の24~29日の6間、バリ島のムンジャンガンへダイビングへ行く予定になっている。

少し気になっていたのだが10月末に警戒レベルが一段階下がり、少しホッとしたところにこの報せでビックリ!

飛行機もホテルも、もちろん全て手配済み。

デンパサール空港からアグン山まで70km以上の距離があるし、バリの目的地はアグン山の正反対側、ゆえに特に危険性はない。

もし空港閉鎖の時は

問題になるのは大噴火が起こった場合にデンパサール空港が閉鎖されてしまった場合だ。

たぶんその場合は車と船を乗り繋いで遠いジャワ島スラバヤのジュアンダ国際空港まで経由して帰ることになるのだろう。

行ったことのない場所に行くのは楽しみでもある。

帰国が1~2日遅れるかもしれない。

旅費も嵩むし、そうならないことを祈る。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA