明日バリ島へ空の旅

日本からバリ島まで

バリ島はインドネシアのジャワ島の隣にある小さな島だ。

インドネシアとバリ
インドネシアとバリ

日本からは南へ向けて約4000kmの距離にある。

成田からガルーダインドネシア航空の飛行機に乗ればバリ島のデンパサール空港までダイレクトで行けるので飛行時間は7時間40分。

昔は直行便がなく、ジャカルタで経由、乗り換えしていたので10時間以上必要だった。

時間は長いが直行便で楽にバリ島へ行けるようになった。

赤道を超える

午前11:00発の飛行機に乗り、インドネシア領内に入り、やがて赤道を通過するとまもなくバリ島へ到着だ。

以前は空の上、機内でビザの発行$20を支払っていたが近年無くなった。

デンパサール空港の空港使用料も簡素化され、日本で航空チケットを購入する際に2200円を事前に支払うことで現地での清算が無くなった。

夕方の午後17:40(日本時間18:40)に到着、時差1時間。

入国手続き、荷物のピックアップ、税関の検査を受けて空港の表に出るのに1時間ぐらいかかる。

まる一日空の旅だ。

機内での楽しみ

楽しみなドリンクサービス

成田を出発して40分ぐらいが過ぎ、飛行機が安定すると飲み物サービスが始まる。

水、お茶、コーヒーなどソフトドリンクからビール、赤ワイン、白ワイン、日本酒まで無料で注文に答えてくれる。

小さな袋に入ったナッツのあても配布される。

何度も貰うのが面倒なので最初に2本くださいと我儘を言う。

応じてくれる時もあれば、また次回お持ちしますと断られる時もある。

最近はすっかり嫌な客のひとり。

昼食時にもドリンクサービスがある。

機内食

メニューは2種類、肉か魚だ。

料理方法は色々

sate

過去のメニューで面白かったのはサテというバリの料理、焼き鳥が出てきたことだ。

味付けはピーナッツソース。

ピーナッツソースと聞いてエッと思ったのだが食べてみると醤油とピーナッツのコラボで実に美味しい。

日本の焼き鳥のタレ味とあまり変わらない。

unagi

もうひとつ面白かったメニューがあった。

メニューには fish unagi と書かれてあった。

そんな高価なものが機内食で出てくるのか?

きっと変なものが出てくると思い、おふざけ半分でfishを注文する。

すると白いライスの上に小さなウナギのかば焼きがのっていた。

もちろん焼きたてではない。

中国産か~?と思いながら1/4ほどしかないunagiを口の中に入れた。

味はウナギ!でも固くて歯切れが悪い。

空の上で贅沢なことばかり言うようになった。

明日はどんなメニューだろう?