今夜20時に赤銅色の月を見る 特別な皆既月食

東の空で皆既月食

今夜8時、赤銅色の月

2022年11月8日の今夜20時、皆既月食が見られる。

月食というのは満月のタイミングで月が地球の影になり太陽の光を遮った状態。

満月なのだが月の色が赤銅色に変わる。

いつもより暗く、赤い月が見える。

皆既月食の方角は東

方角は東。

東の空が開けている場所を見つける。

東から昇った月が南側へ移り始める頃月食が始まる。

今夜は晴天

良い天気は夜も続く。

今夜は関東の平野広い範囲で皆既月食が楽しめる。

日中の晴天は夜中になっても続く。

月食は満月の時だけ

月食が起こるのは満月の時だけ。

太陽と地球そして月が1直線に並んだ時。

半月や三日月、新月では1直線に並ばない。

皆既月食が始まる時間(東京の時間)

月食が始まる時間

18時09分に月食が始まる。

満月の左下部分から色が変わっていく。

1時間15分かけて満月全体の色が変わる。

皆既月食の時間は19時間16分から

19時16分に満月全体が赤くなる。

皆既食の始まり。

19時59分に満月が一番暗くなる。

月食の最大。

皆既月食は1時間36分間続く。

20時42分から左下の部分から明るい月が見え始める。

1時間17分かけて徐々に満月の元の明るさに変わっていく。

21時49分に月食が終わり通常の満月になる。

次の皆既月食は3年後、2025年9月8日。

非常に珍しい皆既月食同時に天王星食

今夜は特別な天王星食

今夜は特別な皆既月食になる。

天王星が皆既月食に参加する。

皆既月食が終わる直前20時41分に天王星が満月に近づき、月の裏へ消える。

天王星が消えるのは満月の左下部分。

消えた天王星は21時22分、満月の真下から再び現れる。

消えている時間は41分間。

この月に天王星が隠れることを天王星食と呼ぶ。

前回は織田信長の時代

皆既月食とを天王星食が同時に起こることは非常に珍しい。

前回は442年前、1580年。

1580年は織田信長の時代、信長が亡くなる2年前。

今夜は絶好の皆既月食チャンス

雲の無い夜空。

皆既月食と天王星食。

信長の時代を想いながら月食を見るのも良いかも。