クジラとは

クジラは動物

クジラは魚ではない。

海をヒレで泳ぎまわる動物、それも哺乳類。

肺で呼吸をし、魚のようなエラはない。

エサを口から取入れ排せつ物は肛門から出す。

エサは種類によって様々。

プランクトンや小魚から大型魚、サメ、エイ、カニ、エビ、イカ、タコなど色々。

クジラは哺乳類

繁殖期にクジラの雄雌は交尾をする。

そして妊娠を確信するまで交尾を繰り返す。

妊娠すると出産するまで母親の胎内で育てられる子供は1匹だけ。

出産後は子供と泳ぎながら授乳をする。

クジラの尾ビレは水平

魚の尾ビレとクジラの尾ビレは違う。

魚の尾ビレは縦方向に長く、左右に動かして推進する。

サメも尾ビレは縦方向に長く、左右に動かす。

クジラの尾ビレは水平に広く。上下に動かして推進する。

クジラの種類は大きく2つ

クジラの種類は大きく2つに分けられる。

口内に歯が並ぶ歯クジラ。

歯は持たず、ヒゲが歯の代わりをしているヒゲクジラ。

ヒゲクジラは大量の水と一緒にエサを口の中に入れ、このヒゲで水を濾してエサを食べる。

ヒゲクジラは大型のクジラに多く、歯クジラは中小型のクジラに多い。

代表的なヒゲクジラ

シロナガスクジラ

ナガスクジラ

セミクジラ

ザトウクジラ

ホッキョククジラ

コククジラ

ツノシマクジラ

カツオクジラ

ニタリクジラ

イワシクジラ

クジラは陸上では生きられないはコチラ ⇒ クリック

クジラとイルカの違い

イルカとは

イルカとは歯クジラの小型の種類。

クジラの種類の中にイルカがいる。

主に4m以下のクジラをイルカと呼んでいるが詳細は決まっていない。

研究員によって主張が様々。

口が長いイルカ

イルカイルカのイメージは口の長い顔。

これはバンドウイルカの画像が多く使わるため。

顔の長いイルカは。

バンドウイルカ

マイルカ

ハシナガイルカ

スジイルカ

口の短いイルカもいる

口の短いイルカは。

カマイルカ

スナメリ

イロワケイルカ

シロイルカ(ベルーガ)

ゴンドウはイルカ?クジラ?

ゴンドウイルカともゴンドウクジラとも呼ばれるゴンドウの仲間たち。

小型のクジラの仲間。

大きさからするとイルカではなくクジラが正解。

ゴンドウイルカと呼ばれることもある。

英語ではパイロットホエール(Pilot whale)。

ヒレナガゴンドウ

コビレゴンドウ

オキゴンドウ

ハナゴンドウ

カズハゴンドウ

ユメゴンドウ

シャチはイルカではなくクジラ

シャチの英語名はオルカ(Orca)。

サカマタという別名もある。

大きさは5~10m、イルカのサイズでなくクジラ。

海の王者と呼ばれるシャチの大きさ、遊泳スピード、知能が優れ、天敵がいないとも言われる。

サメやクジラ、イルカ、オットセイ、海鳥や魚をエサとする。

まとめ

イルカとは歯クジラの小型のもの。

特に4m以下のクジラをイルカと呼んでいる。

正確に言えば大きさの詳細は決まっていない。