誰にでも出来るパラパラチャーハン

素人が作るチャーハン

今までの得意チャーハンは玉ねぎチャーハンと茶めしこと醤油チャーハンだった。

それが昨年からパラパラチャーハンに目覚めてしまった。

というか玉ねぎチャーハンや茶めし時代にはパラパラには出来なかった。

パラパラチャーハンは意外と簡単なので早速やってみよう。

材料

ごはん:半合(お茶碗1杯)

生卵:1つ

油:少々

塩:少々

胡椒:少々

醤油:少々

今回はこれだけでOK、美味しく出来たら次は具を入れて作ってみてください。

欲は出さずにまずは基本のご飯だけで納得のできるパラパラチャーハンを作ってみる。

もし具を入れるなら

もし具を入れたければなんでも微塵切りにして用意。

鶏肉、豚肉、牛肉、チャーシュー、ソーセージ類。

玉ねぎ、長ネギ。

しいたけ、ニンジン、ピーマン、レタス。

なると、カマボコ、さつま揚げ、小エビなど好きなものを2~4点。

福岡・博多で美味しい辛子明太子を作り続けてきた福さ屋です

素人パラパラチャーハンを作っていく

下ごしらえ

下ごしらえするのはご飯だけ。

温かくないとパラパラにならない。

炊き立てのご飯なら良いけど、冷や飯や冷凍ご飯の場合はレンチンで温める。

ご飯の量は多くてもよいけど量が多いと失敗し易いので最初は半合(お茶碗1杯分)が作り易い。

生卵

容器に入れた熱々のご飯に生卵を乗せて、卵かけご飯を作る要領で掻きまぜる。

米粒を潰さないように丁寧に全体がバラバラになるイメージで。

ご飯全体が卵の水分でバラバラになったらOK。

パラパラチャーハンは米粒全体が玉子で覆われれば、ほぼ成功。

フライパンに油

熱したフライパンに少量の油をひいて生卵ごはんを入れる。

チャーハンは一般に強火で一気に水分を飛ばすと言われるがプロでないので無視。

家庭用コンロでは中華屋コンロのような強い火力は得られない。

火力は中火~強火で、フライパンに焦げ付かないようヘラで剥がすように搔き回していく。

まもなくご飯全体が焦げ付かなくなりパラパラ状になる。

もし具を入れるならこのタイミングで。(具を入れたならご飯と一緒に炒める。)

だまになっているご飯は出来るだけ崩す。

味付けは塩コショウ

塩、コショウを振る。

2~3回炒め回す。

味みをし薄ければ塩を足す。

仕上げに香り付けの醤油を少々かけ回し、サッと炒めれば出来上がり。

あまり炒めすぎると水分が無くなりパサパサになるので、ほどほどに。

お皿に盛ったら熱いうちに召し上がれ。

具が無くても十分美味しいパラパラチャーハンの出来上がり。

冷めてもいけるのでお弁当にもどうぞ。

まとめ

材料

生卵:1つ

油:少々

塩:少々

胡椒:少々

醤油:少々

素人パラパラチャーハンを作ってく

熱々ごはんを生玉子で溶く。

熱したフライパンで生玉子ご飯を炒める。

パラパラになったら塩コショウで味付け。

香りづけに醤油をひと回し。

熱いうちに食べる。

鹿児島黒毛和牛【毎日に、いいにくを。】