チーズハットグは美味いのか?

チーズハットグって何?

昨年から気になっていた屋台の食べ物、チーズハットグとは何か?

2018年から女子高生の間に人気が広まったとか?

チーズハットグは韓国で売られているもの。

流行のもとは東京の新大久保周辺の韓国街から。

チーズハットグ初体験

屋台には引っ切りなしに人が並ぶ。

チーズハットグ

今まで食べたことがない。

どうしても気になるので500円握って列に並んでみた。

アメリカンドッグに似る

見た目はアメリカンドッグにパン粉をつけフライのようなもの。

用意されているトッピングソースは、トマトケチャップ、マスタード、チリソース、シュガー、ミントパウダー、全部かけたら凄い味になりそう。

迷うのでトマトケチャップとマスタードだけにした。

チーズがのび~る

かぶりつくとチーズが異常にのび~る。

チーズの味も臭いも薄いので食べやすい。

トマトケチャップとマスタードが際立つ。

食べているうちに似た感触の味を経験したことを想い出した。

ワイパパのチーズフライ

八丈島のワイパパが作ってくれたチーズフライの味だ。

チーズフライ

ソースはトマトベースの野菜ソース、面白い料理だった。

味と匂いの少ないゴーダチーズにパン粉を二度づけしたフライ。

チーズフライも美味かったがトマトソースの味が美味でまた食べたい。

チーズのアメリカンドッグバージョン

チーズハットグの作り方を見ているとチーズのアメリカンドッグバージョン。

アメリカンドッグはソーセージにホットケーキミックスをつけて揚げたもの。

チーズハットグは同じような状態でソーセージの代りにチーズが入っている。

屋台のチーズハットグの作り方

串に型崩れ防止のため5cmだけソーセージを刺し、残りは全てチーズ。

ホットケーキミックスをつけ、表面にパン粉をまぶし、フライヤーで揚げる。

表面のサクッとしたフライの歯ごたえと柔らかいチーズ、のびーるチーズが面白い。

ソースにトマトケチャップ、マスタード、チリソース、シュガー、ミントパウダー、5種類も用意されているのも新しい。

ソースは屋台によって色々種類があるらしい。

全部かけると美味しいと聞いたが試す気にはなれない。

チーズハットグとハットクは別物

韓国ではホットドッグのことをハットグと呼び、チーズハットグとはそのままチーズドッグの意味。

似た名前の食べ物で韓国にはホットクという日本のお焼きみたいな食べ物がある。

けれどチーズハットグとハットクは別物。

国内No.1のワインスクール

かまぼこチーズ揚げ体験教室

参加したらチーズハットグ作りだった

かまぼこ作り体験教室かと思えば、かまぼこチーズを揚げ体験教室に参加。

小田原の鈴廣かまぼこ博物館3階に会場があり、体験教室の所要時間は30分ほど。

講師の説明を聞いていると「かまぼこチーズハットグ」体験教室と説明があった。

初チャレンジチーズハットグ作り

目の前の一本の串には上下に丸いかまぼこ二つ、真ん中にはチーズが刺さっていた。

練ったホットケーキミックスを周りに塗り付け、パン粉をつけてフライヤーで揚げる。

出来たチーズハットグに海苔とチーズ、焼きちくわでデコレーション。

それがこれ

ねずみチーズハットグ

チーズハットグ

干支のねずみをモデルにした初体験チーズハットグかまぼこバージョン。

ねずみチーズハットグには其々の個性がある。

ひとつずつじっくり見てみる。

ねずみらしいチーズハットグ

チーズハットグ

ネズミっぽい可愛さ

耳は焼きちくわ、刺しているのは楊枝ではなく、蕎麦を揚げたもので全て食べられる

白目と手は型抜きしたチーズ、黒目とまつ毛・鼻・口は型抜きした海苔、ホホはケチャップ

子供が喜びそう

ややグラマーなねずみ

チーズハットグ

ちょっと大きくなったねずみ、これも可愛い

ジャイコのような感じ

唇は分厚いタラコくちびる?

味に変わりはない

アングリーねずみ

チーズハットグ

完全に怒ってる

ネズミ界のおじさんか?👹?モヤイ像?

全部が顔の大顔面

ムックねずみ

チーズハットグ

ヒョウキン、陽気なおじさん風

なんかムックのような?

頭はハゲ?

どれも子供が喜びそうなチーズハットグに

コンタクトレンズを取り扱うオンラインモール【M-ALL(エムオール)】