台風19号はやばいかも

台風15号の傷癒えぬ

一昨日の朝に熱帯低気圧から台風に変わった19号がどうやらやばいコースをたどりそう。

関東を通過、神奈川・東京・埼玉・千葉・茨城を直撃しそうな雰囲気。

千葉県や神奈川県では台風15号によって被災した場所も多く、ブルーシートで臨時に修理した屋根は飛ばされてしまう。

台風19号は被害の少なかった他の地域にも多くの災害をもたらす恐れがある。

現在の第19号

大型の猛烈な台風(10月 8日18時)

マリアナ諸島近海を北西へ毎時20km/hで移動中。

中心気圧は915hPaと並外れたパワーがある。

最大風速は55m/s

最大瞬間風速は75m/s

暴風半径(25m/s以上の風が吹いている範囲) 220km

強風半径(15m/s以上の風が吹いている範囲) 東側 800km、西側 440km

最大瞬間風速は75m/sは時速になおせば270km/h

時速270km/hは新幹線のスピード。

最大瞬間風速は75m/sの台風

もし、今の状態で首都圏を襲うとどうなるか。

樹木や電信柱・ブロック塀も倒れる。

木造の住宅は崩壊するものが多く出る。

鉄骨住宅でも変形するものが出てくる。

外出など出来ない、何が飛んでくるか解からない。

小笠原近海を通過すると台風19号は気流に乗って北北西へ進路を変える。

台風19号今後の予報

台風19号10月11日

今週末10月11日金曜日16:00に台風19号は紀伊半島の南500kmの位置まで近づき、偏西風にのって北北東の方向へ進路を変える。

 

この時点で中心気圧は960hPaと少し下がっているがそれでもとても強いパワーを持って近づいてくる。

気になるのは本州への上陸場所と日時。

台風19号本州上陸

上陸場所は御前崎周辺、日時は10月12日土曜日昼12:00。

 

中心気圧は980hPaとさらに下がるもののパワーは強く、進路はやや北東へ向かう。

強風域は関西、中部、関東をほぼ飲み込むような状態。

進路方向には東京を中心とした関東地方。

今まで台風の直撃をあまり受けたことのない関東中心部は台風に弱い。

台風19号10月12日15:00東京通過

そして同日15:00台風19号は中心気圧980hPaのまま東京周辺を通過。

そのまま北上し21:00には福島県いわき市を通過。

再び太平洋へ抜け、その後勢力を弱めながら北東へ向かう。

これは現在の予報、今後若干変化するも大きく変わらないと思われる。

台風被害は大きい

台風で風と雨が強くなるのは進路方向と進路方向の右側、特に注意が必要。

暴風による倒木、電信柱倒折、瓦礫や瓦の飛来、崩壊。

高波、高潮。

大雨による増水、川の氾濫、洪水、浸水、濁流、下水の溢水。

電車などの移動手段はマヒする。

先日の台風15号では千葉県の停電は場所により2週間以上続いた。

長い間、電話、パソコン、携帯電話の充電、風呂、食料、水などまともに使えず不自由した。

また、同じ状態が生じたら?

それも関東全域の広い範囲で・・・心配。