陸の孤島千葉県南房総館山

台風15号が去って3日目、いまだ電気も通らず停電、水道の水も出ない断水、ガスも使えない状態になっている千葉県南房総半島の館山は現在陸の孤島。

台風15号により崩壊

電信柱が倒れ電線が地面に接し、倒木が道を塞ぎ、家の屋根や瓦が飛ばされ、家ごと崩壊、窓ガラスが破壊、壁が吹き飛ばされ、塀がなぎ倒され、全壊、半壊、一部損壊、ノーダメージの家もある、特に海岸に面した建物が酷い被害にあっている。

車は転がり、転倒。

農作物の被害はどれほどなのか?今後聞くのも恐ろしい。

すべて台風15号の予想を上回る強風による被害。

3日停電が続く館山

信号は停電のため消灯、夜になれば車のライトだけが唯一の明かりとなっている。

ガソリンスタンドは空になりCLOSEしている。

ほとんどのストアーやコンビニも閉店。

開店していても食料はもはや無い。

まるで311東日本大震災の時と同じ状況が起きている。

電話もネットも通じず

固定電話にかければ「現在おかけになった地域ではネット通話設備が故障している、または相手の電話器が故障しているか電源が入っていないものと思われます。」というアナウンスが2回流れて切れてしまう。

携帯電話へ電話しても「ただいま電話にでることができません。ピーという発信音のあとにお名前とご用件をお話しください。」ときまったアナウンスが流れる。

現地の状況を把握できていないのかテレビやラジオなどの報道ニュースに流れることもほとんどない。

いまだ停電の状態で部屋の照明、電気もつかない、電話もつながらない。

携帯電話の充電もできない。

パソコンやインターネット、メール通信ができない。

家族、仕事先、友人に連絡ができない、安否の状況すら伝えられない。

エアコンが動かず熱中症にならないよう暑さにも耐えなければいけない。

電車も運休状態。

危機的状態

断水

断水状態で水も使えない。

飲み水がない。

手が洗えない。

顔が洗えない。

この暑さエアコンが使用できないのに3日も風呂に入れない。

料理する水が使えない。

魚洗えない、捌けない、野菜洗えない、食器洗えない。

植木に水を撒けない。

臨時給水場まで水を貰いに行かなければならない。

トイレの水を流せない。

おまけにガスも使えない。

食料不足

そして食料も不足する。

3日も過ぎれば食料も無くなる。

コンビニやスーパーからの入手が困難な状態。

ましては停電3日では冷蔵庫も使えない。

この暑さでは冷蔵したものは腐敗し、冷凍したものは解けてしまう。

都心から近いせいか?

陸続きのためか?

人工が少ないからか?

報道番組ではあまり取り上げらない。

まさに今救援物資が必要。