食べて美味しいマダコ

タコ刺し

タコの刺身、ときおり食べたくなる。

白身でタコ独特の香りがあり、わずかに甘みがあるタコ。

タコブツ

ぶつ切りにしたタコブツは身が厚いだけ味が濃くてうまい。

ただ茹ですぎたタコは要注意、いくら噛んでも噛み切れない、まるでチューンガムのようになってしまう。

昔、茹でる時間が解らないで20分以上熱湯で煮たらそうなった。

生タコ刺し

東北や北海道では生のタコを刺身にする。

マダコよりも大きくなるミズダコの足の皮を剥いたタコの生刺。

40年ほど昔、東京ではタコの刺身と言えば茹でたタコだった。

生のタコなど食べたこともなかった。

現在は生のタコも茹でたタコも両方味わえるようになった。

生のタコは柔らかく、茹でダコのような香りや甘みは薄い。

煮ダコ

煮ダコも美味、一度茹でたタコを足を1本づつ分けて醤油、砂糖、味醂でゆっくり時間をかけて煮たもの。

味の染みた煮ダコ、身は煮詰まりとても柔らかい。

焼きダコ

焼きダコ、たこ焼きではない。

生ダコでも茹でたダコでもOK、食べやすい大きさに切って串に刺して焼いたもの。

皮が香ばしい。

その他、タコのアヒージョやトマト味でも楽しめる。

マダコには毒がある

一般にはあまり知られていないがマダコには毒がある。

食べている部分は特に問題ない。

マダコ
マダコ

また、タコの毒はタンパク毒で熱に不安定、熱を加えると毒性はなくなる。

毒があるのは唾液

タコの毒は唾液の中にある。

唾液の中にチラミンとセファロトキシンという毒が含まれている。

エサを捕る時に相手に噛みつき唾液毒を傷口からいれる。

相手は麻痺し動けなくなりタコのエサをなる。

アワビを捕食

例えば大好物の岩場に着いているアワビを捕食する時には吸盤でアワビの殻を力づくで剥する。

剥がれない時はアワビの呼吸孔を吸盤で塞ぎ、窒息状態にする。

アワビが弱ると岩から簡単に剥がせる。

更に剥がれない時はタコの口にあるクチバシで貝殻に穴を開け、肉の一部をかじり唾液毒を注入、剥がしてしまう。

カラストンビ

カラストンビとはタコとイカが持っているクチバシ。

上下2枚のクチバシからできている。

1枚はカラスのクチバシの様に長く、もう1枚はトンビ(タカ)のクチバシのようにL字に曲がっています。

この2枚のクチバシが対になったものがカラストンビ(カラスのクチバシとトンビのクチバシ)と言われる。

タコもイカもこの丈夫なカラストンビのクチバシで何でも噛み砕いて食べてしまう。

タコの口は8本の手の中央にある。

口の近くは触らない

タコが生きているなら、口の近くには手を触れないように気をつける。

手、吸盤、頭、胴などは触っても大丈夫。

毒がまわらなくてもカラストンビで噛まれるだけでもけっこう痛い。

毒が入れば腫れ、強力な痛み、痺れが続く。

毒の量にもよるが短くて数時間、長くて1週間以上。

噛まれなければ問題なし。

殺人ダコ

殺人ダコは存在する

映画007のオクトパシーにも出てくる殺人ダコは存在する。

関東近辺でも発見され温暖化の影響かとニュースで流れている。

けれど昔から生息している。

世の中の人が知らなかっただけだ。

ヒョウモンダコ

殺人ダコの名前はヒョウモンダコという。

大きさはイイダコと同じぐらいで10cm前後と小型。

興奮すると紫色の紋模様をだす。

20180107ヒョウモンダコ
20180107ヒョウモンダコ

英語ではBlueringed octopusと呼ばれる。

胴(頭)の先端はやや尖っていて、非常に擬態が上手。

唾液が猛毒

唾液にテトロトキシンというフグ毒と同じ毒が含まれている。

噛まれて毒がまわると2時間以内に死亡する。

グローブをしていても絶対に触らないようにするべきだ。

本来、ヒョウモンダコは臆病で大人しいタコなので触らなければ心配はない。

タコの足先に毒があるか?

毒は無い。

毒ではなく雑菌がある。

タコを生で食べる場合には注意が必要。

足の先端にある雑菌は排除しにくい、ゆえに皮を剥いだり先端部分を切り取ったりする。

茹でダコは殺菌できているので足先のクルリンまで食べても大丈夫だ。