耳抜きのタイミングを深度で言えば

耳抜きのタイミング

耳抜きをするときは力をぬいてリラックス。

もし初めてスキンダイビングをするのなら深度1.5m~2mで耳抜きをする。

耳抜きが出来たらさらに深く潜り深度3~4mでまた耳抜き。

耳抜きは1回だけではない。

深度に応じて何回も繰り返えす。

耳抜きする深度は変わる

耳抜きする深度は慣れと経験で変わる。

慣れてくると深度5mぐらいなら耳抜きしなくても痛みはない。

人それぞれで耳抜きの深度は違う。

耳抜きのタイミングを感覚で言えば

耳抜きするタイミングは耳が痛くなってからでは遅い。

痛くなる前に違和感が生じたら耳抜きをする。

耳が痛くなってから耳抜きをするのでは耳に負担がかかる。

鼓膜を痛めることもある。

耳が抜けるときも痛い。

一般的には耳が痛い深度での耳抜きは抜けづらい。

耳が痛い時は痛まない深度まで戻ってから耳抜きをする。

耳が抜けない時は

頭を上にしたポジション

もし、耳が抜けない時はまず止まる。

スキンダイビングではヘッドファーストで潜っているので頭が下になっている。

この状態は耳が抜けにくい。

頭を上にし立った姿勢になる。

この状態で耳抜きを試す。

立った姿勢の方が空気は上へ流れるので耳に空気を送り易くなる。

結果耳抜きがしやすい。

それでも耳抜きができない時は

左右どちらかの耳が抜けないときが多い。

抜けない耳を上になるよう首を曲げて耳抜きをする。

それでも耳抜きができない時は無理に深く潜らない。

浅い深度に戻る。

スキンダイビングの最初の耳抜き

最初は耳抜きしづらい

スキンダイビングでの耳抜きは最初はしづらいもの。

ヘッドファースト潜降なので下にある耳に送る吹き込む力も必要。

無理はせず休息しながら何回も素潜りに慣れる。

スキンダイビングの回数を重ねる

回数を重ねていくと耳抜きも楽にできるようになる。

何回も潜ることによって耳抜きのタイミングが解ってくる。

潜水時間も長くなる。

くれぐれも無理せず遊びの範囲で楽しむこと。

それでも耳抜きが苦手な方は陸上で練習すると良い。

耳抜きの練習方法についてはコチラ⇒クリック